■一覧に戻る■

アジア経済圏の確立のため、大日本帝国はどうすべきだったのか!!

1 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 17:15
21世紀を迎えるにあたり、アメリカ、欧州は共に経済圏を確立し、第3極:日本の追い出しにかかっている!
この状況は、大東亜戦争直前に酷似している。
すなわち、米英仏は大恐慌の解決策として己の経済圏を囲い込み、日独等を追い出した。
日本は経済復興のため、満州を含む中国、東南アジア経済圏確立のために立ち上がった!
日本はこの状況にどう立ち向かうべきだったのか!
戦争か、和平か! 識者の意見を請う!!

2 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 17:18
大日本帝国、ばんざいー

3 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 17:22
日本は、南京占領をもって蒋介石と講話すべきだった。
中国の首都を落とすということは、当時のアジアにおいて大金星であり、
アジアの盟主の地位を手にいれたに等しい。
蒋介石中国と手を結び、大東亜経済圏樹立を目指せば、
今日のアメリカの属国的立場とは異なる状況にあったであろう。

4 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 17:30
その時、天皇制がじゃまになるであろう。。。

5 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 18:12
日清戦争に勝った時点でアジアでは最強。
さらに日露戦争に勝った時点で
アジアではダントツぶっちぎり最強。

よって南京を落としたのは別に大金星ではない。
むしろ中国ごときが日本と15年間も戦い
負けなかったことのほうが大金星。

6 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 19:45
>5
アジアでは最強、
と言ってもそのアジアに欧米列強が進出してきているんだから、
欧米と戦争しないで済むわけにいかないでしょうに。
そうねえ、対米戦争初めて半年くらいで和平工作始めていれば
被害は小さかったかもしれないけど、
フィリッピンくらいは返さないとアメリカも納得はしないし、
しかし、フィリッピンなしでは大東亜とは言えないし
落とし所が難しかったでしょうね。
(だからこそ、そのまま泥沼の戦いになったんでしょうが)

7 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 20:48
>6
そいつぁ、むちゃくちゃムシが良すぎる


8 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 21:06
>5 君は、当時の西欧の感覚に捕らわれておるのー
それでは、当時を冷静に分析できんぞ。。
アジア人の感覚では、中国はアジアの盟主じゃよ。
今だって、もし中共と戦って,北京を落とせばタイしたもんじゃろが。



9 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 21:08
>7
でも、資源の確保を考えたら、蘭印、仏印、マレーあたりは当時の日本にとっては生命線でしょう。
南洋のパラオあたりだって資源確保には必要だし、米国に明け渡すことができるのはフィリッピンくらいだったのでは?
(それでもまだ鉄なんかはが足りないような気もするけど)。
そう考えると、やはり南京制圧でシナと講和するしかなかったかねぇ。
といっても、いずれは南方を手に入れないとはやりアメリカと対立したら経済が立ち行かなくなるのでは、という気もする。

10 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 21:14
国民政府を相手とせず

11 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 21:16
>8
ご冗談でしょ?
大正時代の中国なんて烏合の衆みたいな軍閥がバラバラあっただけじゃない。
国共合作するまで中国なんて盟主どころか……。



12 名前:近衛 投稿日:2000/06/08(木) 21:26
あのー、南京落としたから講和できなくなったんですけど。

13 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 21:27
横レスすまんが、列強が中国に持っていた租借地ってどの時点で中国に返されたの?
それとも中国が武力で取り返した?
あと、香港は中華人民共和国成立時に接収されなかったのはなぜ?

14 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 22:02
>12
そうかな? 国民政府の中にも和平はまだいたから川越大使あたりが黙っていればまだ工作の余地はあったのじゃないかと思うけどね。
蒋介石が抗日で周りを完全に固めるのはまだ後だよ。

>13
確か、上海租界が返還されたのが昭和15年とか16年とかその辺だったと思う。
当時の日本の新聞にも(小さい記事だけど)出ていたと思うから、探してみな。


15 名前:14 投稿日:2000/06/08(木) 22:03
そうそう、書き忘れ。
上海租界の場合は、平和裏に日本が中国に返した。


16 名前:ペンネームC 投稿日:2000/06/08(木) 22:25
全然関係ありませんが、
ドイツは青島なんかを手に入れて、
一体なにをするつもりだったんですか?
貿易拠点?
いずれ中国全土をどうにかするつもり?

17 名前:>5 投稿日:2000/06/08(木) 22:28
いや、日本と中国は総合力でほぼ互角、6:4で日本有利、
というところじゃないかなあ。

日中戦争で日本の国力はピークの2割減だったし。
片手間じゃなくて、手加減したのでもない。

18 名前:14 投稿日:2000/06/08(木) 22:32
>16
青島……ビール造りじゃない?

19 名前:13 投稿日:2000/06/08(木) 22:40
でも上海租界って日本以外の列強が持っている地域もあった筈。
上海事変後に全地域の実権を握って、汪兆銘政府に“返した”って事?

20 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 22:56
>9
>米国に明け渡すことができるのはフィリッピンくらいだったのでは?

ここらへんがムシが良すぎます。真珠湾で宣戦布告前に戦艦全部沈め、亜米利加が怒り狂っている間に南方資源地帯を掠め取り、亜米利加の体制が立て直る目処がついたところで「フィリピンは返してやるから講和しましょう・・・」通るわけが無い。大体フィリピン押さえられてシーレーン防御如何するつもりですか?

>いずれは南方を手に入れないとはやりアメリカと対立したら経済が立ち行かなくなるのでは、という気もする。

ここらへん本末転倒・・・


21 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/08(木) 23:49
>17それは日本を贔屓目に考えていませんか。
南京後略後、蒋介石の国民党政府が首都とした漢口を攻略する事で、
事変の収束を狙うのですが、結局重慶に逃げられています。
当時の陸軍も、重慶攻略はあきらめています。すなわち戦争による
事変収束の道は手詰まりになり、さらにABCD包囲陣の経済封鎖により
追い詰められ対米戦線布告となるのです。中国は当時の国力の比較以上に、
日本にとり鬼門であったように思われます。
真珠湾で自爆した、蒼龍戦闘機隊分隊長の飯田房太大尉が、昭和15年
にこんな事を言っています。ちょっと長いけど引用しますね。

「今、奥地攻撃で飛行場に全弾命中等と言っているが、重慶に60kg爆弾
一発落とすのに、約1千円かかる。相手は爆弾の穴を埋めるのに苦力の
労賃は50銭ですむ。実に2千対1の消耗戦なのだ。こんな戦争を続けて
いたら日本は今に大変な事になる。歩兵が重慶、成都を占領できないなら
早く何とかしなければならないのだ」



22 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 09:22
そうだ!
無条件降伏ではなく、アメリカ第51番目の州にして貰えば良かったんだ。
そうすれば、アメリカ経済圏に組み込まれ、暮らしは安心。

さらに、日本民族は1億人も居るんだから、計画的に各州に散らばり、大統領候補を出す。
うまくやれば、合衆国大統領は日本民族!
小室さんも真っ青の名案!!(小室、盗むなよ。。。)

23 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 09:39
>22
>51番目の州
それ俺も考えたことある…

でも、日系人大統領は無理だと思う。
まず、黒人大統領が先


24 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 09:44
>23
でも日本人は1億人だぞ。
白人は1.5億。
これが共和党と民主党に割れるんだから、
各州に日本民族がうまく散らばればうまくいく!!

25 名前:>23 投稿日:2000/06/09(金) 09:51
そうそ。パウエルもいるしね(笑)

26 名前:>24 投稿日:2000/06/09(金) 10:01
1.5億か…

併合から60年、皆が
純潔を守ってるとは思えんがな…

27 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:12
マジレスしますけど。
2次大戦で以来基地となり、住民のほとんどが親米派で、住民投票でアメリカ入りが過半数を超えたグアムでやっと準州なんですよ?
本当にに日本が州になれたと思います?
いいとこ、北マリアナと同じくらいの扱いでしょ。


28 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:18
>27
まあ、6割冗談なんだけさ。
でも、グアムより価値あるでしょ、日本。
工業、地勢、あと優秀な兵隊。。。
日本に世界的天才外交家がいれば、51番目の州、なれたかもよ。


29 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:21
>26さん、最近のキンパツ見ると、納得!!

30 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:28
>20
>ここらへんがムシが良すぎます。
>真珠湾で宣戦布告前に戦艦全部沈め、
>亜米利加が怒り狂っている間に南方資源地帯を掠め取り、
>亜米利加の体制が立て直る目処がついたところで
>「フィリピンは返してやるから講和しましょう・・・」
>通るわけが無い。

9さんは、真珠湾攻撃なんてやらないことが前提でしょ。もちろん。。。

31 名前:>29同感(笑) 投稿日:2000/06/09(金) 10:28
ヤマンバだの金髪サーファーだのみると、日本もフィリピンみたいになってきたなあって。
フィリピンの人、みてたらゴメン。

・・・思うのだが、今、北東アジアでプロシアなみ(19世紀の方ね)の自己抑制とバランスをもった
国家って、やはり韓国じゃないかなあ。

32 名前:政治家としては 投稿日:2000/06/09(金) 10:29
州にしたくないだろうね…
1億人だよ、洒落にならん数だよ。

あ、洒落なんだろうけど>28


33 名前:>31 投稿日:2000/06/09(金) 10:32
韓国好きじゃないが、
それは同感。
やっぱ、緊張感があると自律も深まるんだろうね。
我々も見習いたいものだ。
皆、選挙行こうぜ>若い衆

34 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:33
アメリカとは、直接戦争しない。(真珠湾攻撃はもってのほか)
中国とは、南京前後で講話し、蒋介石と共に手を携えて、
アジア解放の旗印のもと、白人をやっつける!
蒋介石に力が有ろうが、無かろうが、中国を見方に引き入れること
自体に旗印として意味がある。(丁度、幕末の錦旗みたいにね)
「簡単に言う」と、中国が朝廷、日本は薩長、白人は幕府。。。

まあ、暇つぶしですから、楽しくやりましょう!!

35 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:34
>32
洒落です。
教科書のトレースは、つまらんでしょ。。

36 名前:>34 投稿日:2000/06/09(金) 10:52
とりあえず、状況からみれば最良の選択として賛成。

但し、条件がある。

陸軍の体質が全く当時と違っていること。
「清く、正しく、美しく」ね。
海軍はそのままで充分。


37 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 10:57
>36 陸軍の体質が全く当時と違っていること。

同意します。。。
でも、どうすれば、ヤツラを更正させることができるか。。。
いまの17歳よりタチ悪いからねーー

38 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 11:03
>34
その場合って中共はどうします?
できればつぶしたほうがいいのかなと思うんですが、現実にはむずかしいかしら。


39 名前:旧陸軍 投稿日:2000/06/09(金) 11:04
が歩いた跡は
ペンペン草も生えません。

金品>強奪
女>レイプ
酒>泥酔
食料・燃料>横流し:金、女、酒に化ける

まさに国営のヤクザ…。


40 名前:>38 投稿日:2000/06/09(金) 11:06
>蒋介石と共に手を携えて

て書いてあるだろ、おまえ消防か?

41 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 11:22
>40
消防ではないけど、わからないす。
南京攻略の前に蒋介石と交渉、と言っても西安事変を境にして彼らの中共への姿勢は違いますでしょ?
(それ以前にもくっついたり弾圧したりを繰り返していますし)
共産党をつぶすにしても、取り込むにしてもどちらをとっても大変ですし、
どちらをとっても中国がこの後の運命を変えてしまうように思うんですが。



42 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 11:33
34です。
>その場合って中共はどうします?
潰しましょう! ここは、軍事カテですから。
蒋介石と中共を戦わせている間、
我が日本軍は中国連合軍の名の下、南進します!

43 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 11:37
南進しながら、蛮行は中国の名の下で。 善行は日本の名の下で!
ナゼかアジア人は、中国の乱暴を根に持たないんですよね。
例えば、朝鮮の方とか。。。。
そこで、中国の名をトコトン利用しましょう!


44 名前:39 投稿日:2000/06/09(金) 11:38
ああ、疲れるな…

あのよー、蒋介石国民党が中国共産党と手を組む必然性があった、
乃至、その前提で交渉する必然性があったのはだ、
日本が敵視されてたからだろうて?

しかして、34でシミュレートせんとする状況は如何に?
本当に消防並みの頭脳だな…。

45 名前:40 投稿日:2000/06/09(金) 11:42
>41
先に44が書いてるからいいや

>43
42を良く読め
「憎き中国」ではなく
「憎き中国共産党」のイメージを作らなければならないのだ


46 名前:>44 投稿日:2000/06/09(金) 11:59
まあ、そんなに厳しくしないで
可愛がってあげようよ。

47 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:26
いやーすまん、すまん。
設定時期で混乱してるヤツがおるのー。
南京占領前後だから1937年位での話をしている。
それから国共合作は大きく2度行われているが、蒋介石が本腰を入れたのは、
米軍のサイパン占領以後だよ。

まあ、教科書の受け売り話意外頭が受け付けない休まる人達は、ここの話に加わらんほうがいいぞ。
結果は出ているんだから。
君はひょっとして "Remember the Philippines"君かな?

48 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:30
>44
疲れるなら、どっかいったら

49 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:34
39,40退場!
(^^)/~~~

50 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:43
1937年頃の人々のスタンスで考えろよ。
今の教科書の受け売り君達には難しいだろうけど。。。。

蒋介石と手を結び(中共やっつけてくれたら、しまつしちゃおー)
アジア解放日中連合軍の美名の下、
東南アジアは中国(いいか、共産党は中国と認めないスタンスだよ)
の名前で日本軍が、中共は「共産党と戦う自由主義の先方」日本軍の美名で中国(蒋介石
のことだよ、国際政治を考えろよ)が戦う。
1937年当時、アメリカの反共意識は高いので、日本を一方的に敵視しない(当然ロビー活動だってやるさ)
()は「教科書受け売り、疲れる君」用ね。
ホント「疲れる」

51 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:47
どうせ、当時の日本軍はアジアで悪いこともやるだろうけど、
ミンナ中国人のセイにする。
アジア人は中国の蛮行にナゼか寛容だから、大丈夫。
オランダ人を追い出したら、石油等の資源は日本のもの。
蒋介石こき使って、へたった中国共産党やっつけたのも日本の手柄。
アジア人解放したのも日本の手柄。


52 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:52
裏ではアメリカで当然(こんなの当然と思ってハッショルと、
こう思わないヤツが日本に今いることにビックリ)
ロビー活動だってやるし、
イギリスにスパイ工作だってやる。(チャーチル暗殺)
真珠湾攻撃なんてもってのほかさ。
見かけ上(!)アメリカとはうまくやる。蒋介石ともうまくやる。
まず、中共とオランダをやっつける。

53 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 12:57
日本は、いずれブチノメスヤツと今叩いてるヤツをごっちゃにして、
片っ端から、戦争ふっかけたのが間違いだな。
いずれコイツヤッタルと腹に中で思いながらニコニコと手を結び
当面の敵を叩けば良かった。



54 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 13:00
こんな掲示板の書き込み一つでカッカするヤツと
一緒に戦争したら、
また、負けるだろーなー
暇つぶし終わり      ハイ、サイナラ。。。。。

55 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 13:04
教科書君達、ここでミンナが待ってるよ。(ボクはバイバイ。。。。)
http://teri.2ch.net/2ch/test/read.cgi?bbs=army&key=959846301

56 名前:投稿日:2000/06/09(金) 13:18
陸軍はどのように改良しようかねぇ?

57 名前:39 投稿日:2000/06/09(金) 13:29
>48,
おう、だから休んでたぜ、

>49
可愛い絵だな、消防

教科書くんは「テキスト」を記憶してる
或いは読むだけだから、パラメータの変更で
受ける影響を想像するまで、知能が発育していないらしいね。
馬鹿なプログラムがアボートするのと同じように
単語や記号が出てくるわ
「エラーです」って

頭鍛えろよぉ、消防


では 34さん、続けてください。

58 名前:41 投稿日:2000/06/09(金) 13:35
ちょっと見ない間にすごいことになっている。(^^;
教科書がどう、と言われましても、歴史の教科書なぞ既にン十年見てませんのでよくわかりませんが、何か変なことでも書いてあるんでしょうか?
1937年と言うと昭和12年ごろですよね。
中共に長征などやって一度勝ち損ねている、まして共産党は農村などのまだ支持者もいる。
毛沢東のような有力な人材も残っていて、ソ連からのつてて金や物資も引っ張ることが可能。
いずれヒト、モノ、カネ揃ってくればまたやっかいな敵になりそうな共産党だし、今のうちに味方につけておくのもオプションとしてはありかもしれない、と思ったので

多分に現実的な計略でないことは分かっているつもりですが、まあ、戦わずにすめばそれにこしたことはないので、
とりあえず当面の敵を作らないですむ(?)オプションをはじめから選択肢からはずしてしまう、という理由が私にはわからなかっただけです。
それで消防と言われるのであれば、まぁ、それはそれで仕方がないですが。


59 名前:>41 投稿日:2000/06/09(金) 13:45
お呼びでないって

(まだ、解からない らしいや…)

60 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 13:55
>1
人に聞く事ないよ。歴史通りに戦って現在に至っていればよい。
昔が違ったら今も違うでしょ?
そしたら皆、今頃、こうやって書き込みしてないんじゃない?

61 名前:>60 投稿日:2000/06/09(金) 14:08
意味不明だよぉ

やり方変えて来たかな>消防

ともあれ、スレッドの立ち上げ意義そのものを否定するカキコは
無意味:却下>60

62 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 14:08
>60
意味不明


63 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 14:15
61はタダの煽り。逝ってよし!!

64 名前:>63 投稿日:2000/06/09(金) 14:18
61だが、何故だ?

200字以内で簡単に説明しなさい。

65 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 14:22
>61
「陸に上げられた船のろと舵は、何の利ももたらさない。不死を願い苦行を行っても、また、何の利ももたらさないと知る。私は、戒と定と智慧をもて、この自覚の道をおさめ、上なき清浄にいたりつく。破壊者よ、汝は敗れたのである。」

66 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 14:25
すると悪魔は、「世尊はすでに私の正体を知っている。」と言い、恐れおののいて去って行きました。


67 名前:65,66よ 投稿日:2000/06/09(金) 14:47
61だ、
「簡単に」という日本語が解からんのか?

ついでに言うが、こんな辺境の2chで利益など考えてられるか
面白きゃいいんだよ、んで、
正体暴いてみせろよ

どっから引用したのか知らんが、自分の言葉で答えろ
知的コンプレックス野郎!

68 名前:39 投稿日:2000/06/09(金) 15:03
>67
あんた何様?

69 名前:アトム 投稿日:2000/06/09(金) 15:05
http://www.2ch.net/test/read.cgi?bbs=hokkaido&key=960465738

ぼくは人気者
ぼくのファンクラブを作ります。
入る人はレスしてね。
レスした人は強制的にファンクラブに入会してもらいます。
いずれ会費も集めます。



70 名前:67 投稿日:2000/06/09(金) 15:16
取り乱してすまない…

いえね、他人の言葉を借りて「己の言葉」を持たない
御輿や権威の助けが無きゃ戦えない奴を見ると
虫ずが走るんだよ。

つい、カーっとなっちっまった許してくれ。

>アトム
てめぇは何だ?訳解からんスレのリンク貼るんじゃない


71 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 15:22
蒋介石の国民党軍と手を結ぶのを毛沢東の共産党軍が黙ってみてるかな?
むしろ日本軍と噛み合わせるように仕向けると思うが。


72 名前:>71 投稿日:2000/06/09(金) 15:50
いい、つっこみだね。

すると、ソビエトの出方も考えてみないとなぁ…

内戦は、国民軍+日本、共産軍+ソ連の図式で拡大する?


73 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 16:21
>72
反共の雄米国を巻き込もう。
 国民軍+日本+米国 .vs. 共産党+ソ連


74 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 16:35
す、するとぉ
独ソ不可侵条約は…
アメリカはヒトラーと組むのか?
いやー有り得んな、
独ソ米三つ巴?

75 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 16:48
>74
了解!!
国民軍+日本+米国 .vs. 共産党+ソ連 +ナチ

76 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 16:50
,

77 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 17:01
ヒトナナマルマル、ワカレ

78 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 17:28
>蒋介石の国民党軍と手を結ぶのを毛沢東の共産党軍が黙ってみてるかな?
>むしろ日本軍と噛み合わせるように仕向けると思うが。
>71
何がいい突っ込みダー、バカ。
そんなの当たり前だろ。戦争なんだぞ。
何の苦労も努力もしないから、お前は惨めなドキュン人生送ってんだよ。



79 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 22:08
今日、アメリカ、欧州は共に経済圏を確立し、
第3極:日本の追い出しにかかっているが、
この状況で日本がとり得るベストの答えは、台湾と仲良くしよう!
。。。ということだね。


80 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 22:22
>70
誰の言葉かも知らないのか、ドキュン。
ドキュンは、チンケな自尊心叩くと簡単に破綻するので面白い。
すぐ消防とかいうから、ばれるんだよ、学歴コンプレックスが(藁)


81 名前:>80 投稿日:2000/06/09(金) 23:15
おっさん帰りなよ
悪い酒だねぇ
学歴だけの「真正インテリドキュン」さん。

自分の知ってることだけが真理だと
思うところが、涙を誘うよ。

哀れだね、人殺しするなよ!

82 名前:>80 投稿日:2000/06/09(金) 23:26
何処で何が破綻してるの?
君の文章も、粗野で品がなく教養が伺われんぞ。

で、誰の言葉なんだ?



83 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/09(金) 23:45
他人の言葉を借りる者、己の言葉を持たぬ者、
教養の尺度に学歴を謳う者、己の教養に自信が持てぬ者、
持たぬ者を見下して、己の不安を誤魔化すもの、
真に力を持つ者は、持たざる者に歩み寄るもの




84 名前:70だ 投稿日:2000/06/10(土) 01:09
君の知識についていけないのは悪いが、
幸いチンケな自尊心は存続しているよ。
僕は文系でないし
文学にはホトホトなじみがないからね。

放っておくのも一案だったが、ゲームとして
付き合わせていただくことにするよ。

さて、君が 持てる知識の量で、
ドキュン/非ドキュンの線引きをしたいなら
それも まあ 良いだろう、しかしながら
世間にどれだけ受け入れられるか否かは、
別に判断を委ねるがね。

とはいえ、そうしたステレオタイプな
「価値観の囲い込み」 が、多分に諍いの原因
にしばしば寄与してきたということも
忘れることは出来ないと思うが いかがか?。
おそらく 先の 君の発言は、なによりの証左
になると思う。

こうした、人間を色分けするような価値観が
果たして、知的水準の高い人間のすることか
否かは、いささか疑問だが…。

古来、こういった思想は、特権階級が
物事を「簡単に進める」ために、非常に便利だった
からで、根本には「面倒くさい」という
純粋ではあるが、ネガティブな感情に根差すところが
大きい。
己の知的水準を、学歴を示すことでしか証明できない
稚拙な思考回路もまた、その一つだ。


85 名前:70だ(続き) 投稿日:2000/06/10(土) 01:11
それともう一つ
君と、僕がドキュン/非ドキュンに分かれる、
そのボーダーラインは 一帯なんなのだろうか?
おそらく、君のその「悲しい右傾化思想」を増幅させる
だけに過ぎない、わずかばかりの知識が、
私に不足している唯一の「ドキュン要素」なのでは
ないか?。それなら、私は 快くその誹りを受けてあげるよ、
私はドキュンで構わない。

おそらく、65,66の君の引用文は
「過ぎたことをナンダカンダ論じるのは無価値なことだ」
と言いたいだろうが、その意見はROMしながら勝手に
思うことでは済まされぬのか?
表題を見る限り、その「無価値な事」を語ろうという
場がこのスレッドなのだが…。

しかるに、君の意見はいわゆる「無粋でナンセンス」
大人として思慮に欠けた「洒落の分らない」書き込み
の域を抜けることはないのだよ。

ここは2chであって、ひろゆき氏が我々に提供してくれた
パブリックな場所であり、君が好むと好まざるに関わらず
多様な価値観、思考が交錯する。もちろん君のような
ものも、歓迎されないまでも、入場を断られることはない。
ただ、「無粋な発言には、無粋な発言で応ずる」という
スタンスもまた必然なのだよ。

さあ、繰り返し、私のチンケな自尊心に煽りを
くれないか?

(レスは明日、また返します)

86 名前:なんか 投稿日:2000/06/10(土) 01:39
一人だけワンショットライターがいるな。

どこ飛んでても良いから、スレに関係ない長レスやめてね。

87 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/10(土) 02:16
をいをい、荒れてんのかい?穏便にいこうや。右も左も落ち着いて。

88 名前:71 投稿日:2000/06/10(土) 02:59
>国民軍+日本+米国 .vs. 共産党+ソ連
反共という図式を持ってもこうはならないと思うな
強いて言うなら

国民党+共産党+米国+ソ連 vs 日本+ナチスドイツ

っていうか、これでは史実と変わらんジャン(汗

しかし、米国においてはアジアでの一番の脅威であったのが日本であると
考えられていたわけだし、当時の中国共産党は日本に比べても二流三流の
敵でしかなかったと思えるのですが?
日本叩きをした後でならいつでも悠々と中国共産党を叩けるとの判断を下しそう

史実でもナチスドイツを叩くためならソ連とも手を結んだ米国ですから
あの状況下では日本とは同盟関係にはなり難かったと思います。

89 名前:ベンゼン中尉 投稿日:2000/06/10(土) 04:07
もともとアジア経済圏なんて存在しないのだ。それは欧州列国によって中国が裸にされていたのを、日本が横から入り込み、日本主導の経済圏を作り上げようとした訳である。だが、それも失敗した。日本は中共軍も蒋介石も味方にできなかったのだから。まあ、日本はアメリカの手の上でこねまわされて自滅した訳である。

90 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/10(土) 07:13
65が誰の言葉か解らんようだな。
ドキュソどもめ、苦しんでおるわい、フフフフ。


91 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/10(土) 07:22
「中国における権益問題でアメリカと対立した日本政府は、内政に対する国民の不満をそらす意図もあって、対米開戦を決意する。開戦当初、日本はアメリカより海軍力においてやや優位にあり、その優位を維持し戦局を有利に展開しようと、海軍はフィリッピンに奇襲攻撃をかけマニラを占領し、西太平洋の制海権を握る。しかし、生産力に優るアメリカが海上封鎖による持久戦法をとり、中ソ両国も反日に転じ、戦局は逆転する。そして艦隊主力をもって行われたヤップ島沖海戦でも日本は敗北し、アメリカはグァム島など南洋の島々を次々に占領し、日本側守備隊は全滅する。さらにマニラも奪い返される。この間、ソビエトは樺太に侵攻、これを占領し、中国軍は南満州を支配下におく。ついに内閣は総辞職するなか、アメリカの爆撃機が東京上空に襲来し、爆弾を投下する。ここにいたって日本は、アメリカ側の講和条約を受諾し、戦争は終結する」


92 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/10(土) 07:26
91は大正十三年にイギリスのヘクター・C・バイウォーター
という軍事評論家が後の戦争を予測したものだ。
地名が所々違いますが、ソ連や中国が戦争終盤で
日本に侵攻していくところなんか、
まさに生々しく再現されていて、感じです。

日本でも、このバイウォータの予測は取り上げられていたが、
「そんなバカなことが起こるはずが無い・・・」
君達と同じ程度の知能は、昔からいたようだな。。。。


93 名前:>90 投稿日:2000/06/10(土) 11:37
誰も苦しんでないぜ?
電波か? >小林秀雄信者君よ

94 名前:知らない人は知らない 投稿日:2000/06/10(土) 11:44
小林信者はドキュン
三島由紀夫好きでしょ?

もしかしてホモ?

95 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/10(土) 16:19
>91
ためになりめした
あと、煽りはよそでやってください

96 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/12(月) 09:34
金曜日、1700に分かれた後、すごいことになってるナー

97 名前:名無しさん 投稿日:2000/06/15(木) 13:26
判った、何で教科書バカばっかり、カキコしてくるか!!
糞木っ端役人どもだったんだ、コイツラ。
真っ昼間、オレ以外、どこのどいつかと思っていたが。。。

こら、ウジウシ役人ども、仕事しろよ。
火あぶりにするぞ(藁)

■一覧に戻る■