■一覧に戻る■

 「恨総督板版とんでも本の世界」

1 名前:( ̄о ̄) ハングルと学会 投稿日:2001/10/26(金) 14:52 ID:bPI7hCLA
 電波系・妄想系・キチ○イ系・とんでも系の本を取り上げ突っ込みませう。

  はじまり はじまり・・・・・

2 名前:( ̄о ̄) ふ〜 投稿日:2001/10/26(金) 15:08 ID:bPI7hCLA
 「嫌韓反日の構造」(白帝社)

 ドイツみたいになぜ自力で統一できないのかという反問がありうるだろう。
 しかし事情は全く違う。ドイツは第二次大戦を起こした戦犯国だから、敗戦と
共にその罪の代価として分断させられた。しかし朝鮮は奇想天外にも、植民地だっ
たにも拘わらず日本軍の武装解除という名目の下に国土を分断させられた。
 ドイツの場合は、過去の罪ゆえに連合国の措置を甘んじて受け入れざるをえない
ことであるが、朝鮮の場合は理に適わない。イタリアは早くから降伏したからいい
としても、なぜ同じ戦犯国の日本だけは分断を免れたのか。この問いに強いて答え
るとすれば、それは日本の属国の朝鮮を身代わりにさせたということだろう。(
P.110)
 

3 名前:( ̄о ̄) ふ〜 投稿日:2001/10/26(金) 15:29 ID:bPI7hCLA
 さらに「嫌韓反日の構造」(白帝社)より
 「日本は国土分断という戦争のツケを自ら払うどころか、隣国の押し付けたまま、
一路経済成長の道を突っ走りついに世界に名だたる経済大国になった。しかも韓国
、アジアに対して犯罪をつぐなおうとは毛頭考えない。毛頭考えないことをまた、
いささかも恥ずかしいとは感じない。
 確かに世界の国々が指摘するように、日本は二重の責任回避を行っている。分断
責任の転嫁と、戦後補償の回避だ。が、日本の非道徳性の本質は決してそこにある
のではない。そうして二重の責任回避を続けていても、それを何ら恥とも思わない
鈍感さこそが問題なのだ。人間がそれと知らずに人間でなくなっていく過程という
ものを、今日の日本ほどありありと示してくれる例を他に知らない。現代世界で日
本は裸の王様か。」(P161・P162)

4 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 16:08 ID:IKs3MllU
とりあえずネタ本の紹介。もう入手不能だそうだ。

『嫌韓反日の構造』
ISBN:4891743069

235p 19cm(B6)
白帝社 (1997-08-05出版)

望月 幹夫・林 永春【編著】《イム ヨンチュン》・尹 大辰【訳】《ユン テジン》
[B6 判] NDC分類:221.05 販売価:\1,400(税別)
なぜ、反日感情が強まるのか。嫌韓反日は、一部の政治家、マスコミ、識者が
煽ったものだ。日韓両国民は友好を望んでいる。

韓国人の日本観

『醜い韓国人(歴史検証編)』に反駁する(日本「敗戦の日」の韓国人と日本人
―1945年8月15日の「ソウル」

韓国・若者世代の「反日感情」―まず、自らは今日の荒廃社会を直視すべきだ

大邱・済州島・麗水順天「反乱」事件―なぜ、おびただしい人々の血が流され
たか

韓国現代史の「恥部」―韓国人は、「国民保導連盟事件」30万人大虐殺を抹殺
するのか「『韓国版』死の行進」事件の真相―凍死者数十万人という痛ましい政
治的怪事件の背後関係

金玉均と李容九―「韓国」独立を叫びながら、“親日派”と断罪された二人

日本統治時代の「傷痕」―韓国人は決して忘れはしないし、許さない;韓国知識人
の「植民地」検証―日本植民地の韓国近代化への貢献は否定できない)

マスコミが煽る反日・嫌韓

大項目だけ見ると「と本」の感じはしないのだが・・・・実は、か?(笑

5 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 16:12 ID:Ka9o4kkY
ちなみに共著らしい林 永春(イム ヨンチュン)にはこんな著作
がある。三一ってのが怪しいけどな(藁

『醜い韓国人が醜い日本人に応える』
ISBN:4380952487

222p 19cm(B6)
三一書房 (1995-07-15出版)

・林 永春【著】《イム ヨンチュン》・姜 求永《カン クヨン》・尹 大辰【訳】《ユン テジン》
[B6 判] NDC分類:221 販売価:\1,359(税別)
第1章 朝鮮総督府の時代―近代化を教えたのは誰か
第2章 醜い韓国人の原点 荒廃した李朝末期の社会を直視せよ
第3章 西洋人の批判―鋭い指摘は隠してはならない
第4章 墓に支配された韓国―知的停滞をもたらした社会背景
第5章 韓国人の傲慢とへそ曲り―故朴大統領は日帝に何を学んだか
第6章 韓日関係史の深層―日本に対する恨みをいつまで抱けばいいのか

大分古い本だな。最後の良心的朝鮮人学者だったかも(笑


6 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/10/26(金) 16:20 ID:8AfuCDKE
>>1
>電波系・妄想系・キチ○イ系・とんでも系の本を取り上げ突っ込みませう。
 いちいちツッコミ入れてると、倍のページ数の本になりそうなんですが(藁。


7 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 16:30 ID:Ka9o4kkY
「日本の非道徳性の本質結果的に」とか口角泡を飛ばす割には
「ドイツみたいになぜ自力で統一できないのかという反問がありうるだろう」
に答えてない(笑

何故日本が分割されなかったのか?
実質的に占領に参加出来たのがアメリカだけだったからだよン。


8 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/10/26(金) 16:53 ID:8AfuCDKE
半島分断の責任を日本に求める人って、併合されて日本として戦争に参加
させられた点に求める人と、終戦の時の日本の政策に求める人がいるようで。
前者はまぁ判らないでも無いんだが、後者はどう考えても無理があるだろ。

もっとも、前者の場合でも、日本が併合してなかったら分断されなかったか?
と言うと、可能性は低いと思うんだけど。

9 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 17:24 ID:Cah2K/zo
>>8
>もっとも、前者の場合でも、日本が併合してなかったら分断されなかったか?
>と言うと、可能性は低いと思うんだけど。

 露助は「とりあえず日本と半島を分け合って、後で全部頂だぃ!」という
腹だったしね。そうなってりゃ「分断→戦争」だね。

 そもそも日韓併合を列強が認めた理由は、「ほっとくと分裂して列強間で
戦争になりかねんから、とりあえず一番弱い日本に任せとくか」って事だも
ん。如何に朝鮮王朝の信頼が無かったかを物語っている。

 とかく韓国人は「朝鮮が弱かったから日本に侵略された」としか見ないが、
最大の理由は「朝鮮王室の国際的信用がまるで無かった」からだね。あっち
についたり、こっちについたり、政策は支離滅裂。どうしようも無かったか
らだ。単に軍事力や経済力が弱いってだけじゃない。

★大体が日清戦争までの日本の軍事力なんて「屁」みたいなレベルなんだよ(笑


10 名前:ななし 投稿日:2001/10/26(金) 17:49 ID:EnfgMDIM
>>2
>なぜ同じ戦犯国の日本だけは分断を免れたのか。この問いに強いて答え
>るとすれば、それは日本の属国の朝鮮を身代わりにさせたということだろう。

 これが本当だとして(全然違うが)、「身代わりにさせた」の主語を
考えれば、日本に苦情を言うのは筋違いだね。連合軍に何故文句を
言わないのかね?


11 名前:ななし 投稿日:2001/10/26(金) 17:57 ID:EnfgMDIM
 そもそも、戦犯国とやらは分断しなくちゃならないものなのか?
国際法的な、若しくは道徳的な根拠がヤルタの狼どもにあるんだろうか?
もちろんない。


12 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/10/26(金) 18:04 ID:8AfuCDKE
>>9
歴史群像かなにかの記事(朝日の記者が書いてた:藁)で見たけど、
韓国のジャーナリストでも大院君の政策は過ちで、シャーマン号事件
の頃に開国してれば歴史は変わっていた・・って言ってる人もいるよう
だね。

いやま、開国したその後・・が大事なんだけど(笑)


13 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 18:24 ID:7So1Wk9k
>>12
>韓国のジャーナリストでも大院君の政策は過ちで、シャーマン号事件
>の頃に開国してれば歴史は変わっていた・・って言ってる人もいるよう
>だね。

でも日本と国交を結ぶのは嫌なんだろうなぁ(笑


14 名前:>12 投稿日:2001/10/26(金) 18:55 ID:Khu4k8gQ
歴史群像かなにかの記事(朝日の記者が書いてた:藁)で見たけど、
韓国のジャーナリストでも大院君の政策は過ちで、シャーマン号事件
の頃に開国してれば歴史は変わっていた・・って言ってる人もいるよう
だね。
---------------------------------------------------------
開国や近代化の時間的な早さなら、日本より中国の方がずっと早い。
そのジャーナリストはどのような見地からそのような主張をしているのかな?

15 名前:  投稿日:2001/10/26(金) 19:00 ID:kr12QETI
いやいや大日本帝国なら 分割されたよ、日本国と大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国と
に、その他の植民地なら取り上げられたがっていったら怒るのかな。

16 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 19:36 ID:7So1Wk9k
>>15
台湾をお忘れなく(笑
しかし朝鮮と台湾、満州以外は植民地とは言えないだろう。
あくまで戦時占領だね。


17 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/10/26(金) 21:30 ID:03IjD8KU
>>14
引っ越しで資料が埋まってるんですが、確か日本と同時期、20年速く開国していれば、
日韓併合が避けられたかも知れない・・・
ってことだったと思いますよ。例によって「もし○○だったら××に違いない」って
根拠のない自信といったらそれまでですが(笑)


個人的には、国際社会の一員として独立した上で、日・清・朝の協力体制を確率し
アメリカを味方に付ける(東洋での足がかりを欲していましたから)まで行けば
可能かもしれませんが、絶対無理だと思います(笑。

で、条件を満たして独立を保ったとしても、まだ弱小国ですから不平等条約や最悪の
場合領土割譲や租借ということになって、民衆が激発して暴動(我慢できる民族じゃ
ないでしょ)、列強が進駐・・ってオチになると思います(藁)


18 名前:蚯蚓 ◆5tQFAggU 投稿日:2001/10/26(金) 21:39 ID:Ov/WwS6o
『醜い韓国人が醜い日本人に応える』 という本は、もうまったく読めなかった。
とんでも本といっても、ちゃんとその中では成立して欲しいものです。

19 名前:名無し草 投稿日:2001/10/26(金) 21:54 ID:7So1Wk9k
>>18
『醜い韓国人が醜い日本人に応える』って「と本」だったワケ?
サンプル紹介きぼ〜ん!

>>17
>個人的には、国際社会の一員として独立した上で、日・清・朝の協力体制を
>確率しアメリカを味方に付ける(東洋での足がかりを欲していましたから)
>まで行けば可能かもしれませんが、絶対無理だと思います(笑。

アメリカは公然と「利権」を求めたでしょうな(笑
「日・清・朝の協力体制」・・・日本アジア主義の幻影(笑
福沢諭吉なんかも求めたんだけどね・・・結局清軍が日本人を惨殺したので
儚い夢から醒めてしまったのだった・・・支那人も朝鮮人も日本人を禽獣扱
いだったから、無理だったと思うよん。

>まだ弱小国ですから不平等条約や最悪の場合領土割譲や租借ということに
>なって、民衆が激発して暴動(我慢できる民族じゃないでしょ)、列強が進
>駐・・ってオチになると思います(藁)

それって東学党の乱に日清が介入した史実まんまだね(笑
希望がねぇなぁ・・・



20 名前:日本はある 投稿日:2001/10/26(金) 22:20 ID:pkmwgRxg
何年か前に日本で開かれた国際法学会に参加したとき、ある日本の国際学者が、韓国はどうして
「独島問題」を国際司法裁判所に持ち出すのを拒否するのか、と得意満面の態度で質問した。
私は、これに対し、もしあなたの妻がほんとうにあなたの妻かどうかを判別するために裁判所に
以降と言ったら応じますか、と答えて軽くいなした。
・・・・・・・・・・・・
さすが朝鮮人です、国際会議の場で自分の知性の無さを爆発させてます
基地外が人の妻を武力で囲って「こりゃ、俺の妻じゃぁ」って喚いているというのが正しい例え
だと思います。


21 名前:名無しさんはウリナラタイマーニダ 投稿日:2001/10/26(金) 22:35 ID:1afRGzsY
>私は、これに対し、もしあなたの妻がほんとうにあなたの妻かどうかを判別するために裁判所に
以降と言ったら応じますか、と答えて軽くいなした。

いなして無いってば。(笑)
こんな返され方された学者もたまらんかったでしょうなー。
で、朝鮮ルールではこれも「論破」した事になるんですかね?




22 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/10/27(土) 00:50 ID:.Du4NjBo
>>19
おっしゃるとおりだと思います。
つまるところ、現在の歴史というのは半島にとっての最悪の道をたどったのではなく、
必然だったのではないかと。

ある程度のインフラが整っていた。
鎖国しながらも海外からの情報はどん欲に集めていた。
輸出に足る物品が十分にあった。
清の惨状を見て、危機感を抱く人材が揃っていた。
これらの条件の不十分な朝鮮の開国が早まろうとも、結果は同じでしょう。

フィンランドの英雄マンネルヘイムは
「自国を防衛し得ないような小国を援助する国はない。あるとしたらなにか下心を隠している」
というようなことを言って、自国主体の防衛力の整備と、独立にこだわったとか。
自国を過大評価した挙げ句に首が回らなくなって援助を受け入れ、その上喉元過ぎると
下心があって援助したなどと難癖付け、あまつさえ責任を転嫁する国はどうしてくれよう
か(笑。

>>21
>私は、これに対し、もしあなたの妻がほんとうにあなたの妻かどうかを判別するために裁判所
>に以降と言ったら応じますか、と答えて軽くいなした。
 警察呼びます(爆)


23 名前:  投稿日:2001/10/27(土) 01:26 ID:ckrbIb7o
>私は、これに対し、もしあなたの妻がほんとうにあなたの妻かどうかを判別するために裁判所に
以降と言ったら応じますか、と答えて軽くいなした。

完全なはぐらかしだね。
妻(竹島)なら社会(世界)がそうだと認めているはずだが、そんなことは聞いたことがない。
人さらいの強姦魔が何をほざくか?とで切り返して欲しかった。

対馬は韓国領だといったらどう思うかと同じ形式だね。
対馬は日本領と国際的認知が得られているが、竹島はそうではない。
よって、国際法廷で争うべき事。

24 名前:>20 投稿日:2001/10/27(土) 03:06 ID:t/ievo0s
ていうか、韓国の外交官が苦し紛れに考えた方便で、
今でも頻繁に使っている言い回しなんだから各国の学者の面前で
赤恥かかすような準備ぐらいしておいて欲しかった。

25 名前:日本はある 投稿日:2001/10/27(土) 20:36 ID:MN27hM.A
1956年、日ソ国交正常化が達成されると、こんどは韓国人と結婚した妻とその家族2000人
あまりを日本に帰国させた。
サハリンに残された韓国人達の帰還の訴えには、冷淡な反応を見せながら、日本人だけを
優遇する日本政府のやり方は遺憾である・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
甘ったれんのもいいかげんにしろ。
日本国が日本人の権利を最優先するのはあたりまえ、文句言うならさっさと国交正常化しなかった
韓国に言え
日本が韓国人についての待遇で出しゃばれば、韓国の主権を侵害することになるって
どうして気が付かない。
ほんとに朝鮮人は、感情だけで物事をかたづけられると思っているようです


26 名前:名無し草 投稿日:2001/10/27(土) 20:52 ID:dJBOhVek
>>25
遺憾ながら何度も日本政府はソ連に働きかけている。
連合軍占領中もね。ソ連が認めなかった事をバックれて駄文書かれて
もなぁ(笑

日本エセ文化人の頭の悪さの典型ではある。




27 名前:蚯蚓 ◆5tQFAggU 投稿日:2001/10/27(土) 21:25 ID:4DSp.GWk
>>19
すみません。憶えてないし、手元にないので、お答えできません。

28 名前:ROM 投稿日:2001/10/28(日) 03:12 ID:BFUDvqGs
>>26

29 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/11/01(木) 02:20 ID:TWGUPPlo
小林よしのり 『戦争論』が『トンデモ本の世界R』で、見事トンデモ本認定されました。
どうでもいいけど、トンデモ本ってのは、作者の意図していないところで笑える
ってのだったはずだが、全然笑えんぞ。

『トンデモ本 女の世界』では、田嶋女史の『もう女はやってられない』も見事に
認定されていました。

いやぁ肩をならべちゃいましたね(藁

30 名前:>25 投稿日:2001/11/01(木) 02:44 ID:.aZpk0xY
ていうかサハリンの韓国人は当時(韓国政府のいう)戦勝国民だったんだよ。
同時に戦後北朝鮮からも多くサハリンに移住していたしね。
満州に残った朝鮮人と同じことなんだよね。
中国政府に対して日本人の帰還を求めても朝鮮人の帰還を求めるわけにはいかんでしょう。


31 名前:  投稿日:2001/11/01(木) 02:58 ID:JWhjL90Q
>>29
あぁ、あれね
ただの批判になっていたね
小林は、あくまでも当時の日本の立場の考えで歴史認識して書いてるのに
中国の立場で物言ってるよね


32 名前:>26 投稿日:2001/11/01(木) 03:29 ID:.aZpk0xY
>>25 さんが紹介しているのは、韓国人外交官が書いた「日本はある」に書かれている事だと思います。

33 名前:>19 投稿日:2001/11/01(木) 03:45 ID:.aZpk0xY
私も立ち読みであまりのトンデモだったので読むのを辞めてしまったのですが
「醜い韓国人」の中で、東大に留学している韓国人留学生が「東大教授なのに自分でコーヒーも入れて質素な車で通勤していて、それでいて学生の研究内容を熟知おり打ちのめされたという韓国のマスコミ記事の引用に対して
「まずそのことを論じる前に歴史から説き起こさねばなるまい」みたいな大仰な書き出し始まって、でつまるところ「それは秀吉のせいだ」という結論を導き出すような本でした。

もしかすると、別のページと一緒になっているかも知れませんが・・・まぁニュアンスは間違っていないと思います。

34 名前:名無し草 投稿日:2001/11/01(木) 09:42 ID:esbdu2IY
>>33
>「まずそのことを論じる前に歴史から説き起こさねばなるまい」みたいな大仰な
>書き出し始まって、でつまるところ「それは秀吉のせいだ」という結論を導き出
>すような本でした。

確かに「と」本らしいねぇ(笑
何でも「秀吉のせい」で済むから便利だよね。

それにちゃあ観光バスでワラワラと大阪城に降り立つ韓国人韓国客は
楽しそうだ。一人がたこ焼きをおそるおそる食べ、美味いとわかるや
みんな注文するもんだから、おばちゃん超大変(笑


35 名前:ウサギ 投稿日:2001/11/02(金) 00:43 ID:eyvroVCk
 国土分断? ……敗戦のツケ? ……んー?
 大日本帝国は敗戦の結果、ちゃんと国土を分断されたピョン。
……朝鮮半島と、日本列島に……って言うのは、ダメなのウサ?

36 名前:在水原 投稿日:2001/11/02(金) 09:23 ID:7fmkm0dg
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3bcd6e541ae1d0106fa5?bibid=02089613
新刊らしいけど、何か凄そう。

「韓国堕落の2000年史 日本に大差をつけられた理由」
著者: 崔 基鎬著
出版:祥伝社
サイズ:四六判 / 252p
ISBN:4-396-61135-8
発行年月:2001.11
本体価格: \1,600
内容説明   「李朝500年」と「徳川300年」。韓国が日本に追いつけない
根本原因はまさにこの違いにあった! 韓国の民族の歴史がどこでどう誤ってしま
ったのか、勇気をもって直視し、検証する。

著者紹介   1923年生まれ。ソウル大学付属司法大学院特殊法科課程修了。
明知大学助教授、中央大学、東国大学経営大学院教授を経て、現在、加耶大学客
員教授。著書に「これでは韓国は潰れる」など。


37 名前:名無しさん 投稿日:2001/11/02(金) 10:10 ID:HiqlX6.c
>>36
新刊ならまだ図書館においてないかぁ。
立ち読みでもするかな。
内容知ってる人は 書きこ おねがいします。

38 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 11:09 ID:ZP25eWVw
>>36
でもさ、この本に著者にしてからが1923年生まれな訳よ。
今年幾つだ、78才か。棺桶に片足突っ込んでおる。そしてこの本
は韓国では出版されないのではないか?

なんか虚しいよね。韓国の若い世代の学者でちゃんと日韓関係をやろう
という奴はいなさそうだしね。(少なくとも結果は出せてなさそうだ)「


39 名前:>36 投稿日:2001/11/02(金) 12:03 ID:lT7PvlQQ
けっこう強烈な本だよ。ミン妃なんか西太后扱い。例えば
「日本の愚かな女性作家が、閔妃に同情的な本を書いたことがあるが、閔妃は義父に背恩したうえに、民衆を塗炭の苦しみに合わせ、国費を浪費して国を滅ぼしたおぞましい女である。このような韓国史に対する無知が、かえって日韓関係を歪めて来たことを知るべきである。」
なんて書いてある。徹底した儒教批判だね。

ちなみに著者は巣鴨高校卒(笑)

40 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 13:59 ID:UoUmDpEE
>>39
なんか最近韓国では閔妃を「開明的な愛国者」と再評価つーか捏造する
動きが活発だね。ミュージカルの『明正皇后』が転機だろうか。

どこをどーみても、このオバハンが「国民」や「国家」を考えた形跡は
一切ないんだな。おそらく「日本人に殺されたから立派な人だったんだろう」
くらいしか根拠は無いんじゃないか(笑

実は閔妃自身は大した事は何もやってない。亭主の高宗を操って政治を混
乱させただけだ。又、悪政そのものは閔氏一族がよってたかって行った。
(どうやら閔氏一族の悪逆非道への批判は韓国近代史の禁忌と化している
様だ。その結果全ては日本のせいにされている。大学院レベルでだぜ!)

実は閔妃の両親は早逝しており、有力な係累も無かったが為に大院君によって
高宗の妻とされた。大院君と閔妃対立のそもそもは後継者問題である。閔妃
と高宗の間には長らく子が無く、その間に側室が男子を生んだ。この子をいた
く気にいった大院君が高宗の後がまに据えようとし出した事が、閔妃を反大院
君に走らせる事になる。暫くして閔妃も世継ぎを生むが、気が気でない。だか
ら清国に後継者として申告する際には日本にも口添えを頼んでいる。交換条件
は「日朝国交交渉の開始」だ(藁

しかし解りにくいんだよ。この辺の朝鮮の事情ってさ。


41 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 14:01 ID:9pJmCPf.
>>36
少ないともこの本は「と」本ではないようです(笑


42 名前:>41 投稿日:2001/11/02(金) 16:39 ID:HbxlNHQg
さすがに黄文雄とまではいかないけれど
見方によっては黄の日本礼賛部分を削ったような本かも知れない。
読んでみても損はないかもね。一通りの韓国史の勉強にもなるしね。

43 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 17:11 ID:EmWZk5ZE
>>42
そうだね。一応マニアとしては読んでおくかな。

しかしいったい『明正皇后マンセー』はいったい何処から来たのかねー?
一番近代化、言い換えれば独立維持に近かった独立協会派を弾圧したのが
高宗と閔妃、その取り巻き連中だったのだが(笑


44 名前:41 投稿日:2001/11/02(金) 18:12 ID:hfB3jpqw
しかし、その本にあったのだけれど、閔妃が王子の健康の為に1200万両の現金と12000石の米と12000疋の織物を金剛山に寄進した話には驚いたよ。
当時の国庫が、150万両、米20万石、織物2000疋だったそうで、その為に軍人の60%をリストラ、給料の支払いが6年滞ったらしい。軍人が閔妃を襲うのも無理はない。
まるで北だな。
まぁ、軍人を優遇する分知恵があるのかな>指導者同士

45 名前:44 投稿日:2001/11/02(金) 18:13 ID:hfB3jpqw
41→42

46 名前:投稿日:2001/11/02(金) 18:52 ID:Uuu0rhZY
>>44
http://www.jade.dti.ne.jp/~f-chouko/faq/zainitikeisei.html
閔氏一族 国玉高宗は、父大院君の夫人の生家である関氏から妃を迎える。関妃である。妃は一族の中から抜擢した人物を次々に官職につけ、それがやがて反大院君派の一大勢力となる。閔氏戚 族(『新しい韓国近現代史』鄭在貞著、桐書店の用例)ともいう。



47 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 19:05 ID:EmWZk5ZE
>>46
これが勢道政治ってやつだね。

1:大院君(鎖国+勢道政治打破)vs守旧派
2:閔氏(開国+勢道政治復活)vs改革派(独立協会その他)

大雑把に言うとこんな流れか。
日本でも佐幕派vs維新派で内戦をやった訳だが、外国勢力に頼らなかった
のが運命を分けたね。少なくとも幕府は政策的に無力だったが、庶民から恨
みを買っていた訳ではなかったのも大きいか・・・

>>44
この事実は韓国ではあっさり無視されだしたって理解でいいのかねぇ(笑


48 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 20:58 ID:UoUmDpEE
ひょっとして韓国では「政治を私物化する」ことは悪いことじゃない
のかもねぇ(笑

「出世したやつに世話になって何が悪い」と言われればそれまでだ(笑

面白いのは明治の元勲で賄賂取ったやつはいたけど、自分の一族を重用
したりする人間は居なかった事だね。せいぜい同郷、弟子、そんなもん。


49 名前:>48 投稿日:2001/11/02(金) 21:14 ID:36StIZVo
その辺のことは、儒教の弊害として例えば江戸時代と比較してしつこく書いてあるね。
こんな詩を載せるぐらいだからね

李人稙(1862-1916)
【血の涙】
両班たちが国を潰した。
賎民は両班たちに鞭打たれて、殺される。
殺されても、殴られても、不平は言えない。
少しでも値打ちがあるものを持っていれば、両班が奪っていく。
妻が美しくて両班に奪われても、文句をいうのは禁物だ。
両班の前では、全く無力な賎民は、自分の財産、妻だけでなく、
生命すらその気ままに委ねられている。
口一つ間違えればぶったたかれるか、遠い島へ流される。
両班の刃にかけられて、生命すら保つことができない。


50 名前:名無し草 投稿日:2001/11/02(金) 21:28 ID:SvtxdKg2
>>50
なともまぁ、酷いもんだね。でも「ウリの先祖は絶対両班」なん
だろ。じゃぁ、みんなで国を潰したのかぁ〜(笑

朴正煕が個人的立場では朝鮮的なものを忌み嫌ったのが解るよね。
表面上は民族ナショナリズムなんだけど、価値観という意味で朝
鮮的では無いものにしたかったんだろうて。

江戸時代は上も下も自由な時代では無かったにせよ、侍が階級の
責任を感じていた事だけは(気負いも含めてだけど)感謝せんと
なぁ・・


51 名前:ななしなのです ◆aiIL1NOc 投稿日:2001/11/03(土) 18:53 ID:iRhPfzuo
>>41
1章のしゃっぱなが、「高天が原が韓国南部に在ったという説」で
始まっていて、続きを読む気力が萎えちゃったんですけど。(藁

続きはもっとマシなんだろうか・・・




52 名前:>51 投稿日:2001/11/03(土) 20:17 ID:4hds/yQ2
戦前の「日本人」が書いた本と思って読めば一番理解しやすいかと(笑

53 名前:名無しのゴンベ 投稿日:2001/11/03(土) 20:26 ID:BLazRZF.
平凡社東洋文庫
「朝鮮奥地紀行1」
イザベラ・バード 著
朴尚得 訳

なんでこの本の訳者あとがきにこんなデムパが・・・・と驚愕する壮絶な在日デムパの数々
なお、本書は2巻本になっており2巻の解説もまた素晴らしい在日デムパである

54 名前:名無しさんはウリナラタイマーニダ 投稿日:2001/11/03(土) 23:47 ID:28zSFVDY
>>53
詳細きぼん

55 名前:>53 投稿日:2001/11/05(月) 16:42 ID:uBcRgYHw
そうかなぁ?俺が電波になれたせいかも知れないけれどあまり感じなかった。
ただ、普通の訳者あとがきとは違うね(w

56 名前:age厨 投稿日:2001/11/10(土) 11:58 ID:o1vfyyJQ
電波age

57 名前:名無しさんは.<`∀´;丶>ニダ 投稿日:2001/11/17(土) 23:32 ID:NJ4QQ/Rc
「韓日戦争勃発ー韓国けったい本の世界」発売記念age
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163579001/ref=sr_aps_d_1_1/249-3117153-3157160

58 名前:名無しさんは反省じる 投稿日:2001/11/18(日) 00:45 ID:QAeC9lio
>>57
ハン板にスレがたってますね
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/korea/1005771857/

漏れも読みましたが笑えました。

59 名前:名無しさんは.<`∀´;丶>ニダ 投稿日:2001/11/18(日) 16:35 ID:oYUyBkwo
「万葉集は古代朝鮮語で読める」関連。

朴炳植氏のサイト
http://www5.ocn.ne.jp/~park21/

李 寧煕(イーヨンヒ)後援会
http://www2.netwave.or.jp/~sueoka/sub6.htm

(批判)
万葉集は朝鮮語か?
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/6084/manyou.htm

ことばをめぐるひとりごと その16生き延びる『人麻呂の暗号』
http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/ktb016.htm

60 名前:名無しさんは.<`∀´;丶>ニダ 投稿日:2001/11/18(日) 16:36 ID:oYUyBkwo
おっと大切なのを忘れてた。

万葉集いんちき解釈の一例
http://www.nicol.ac.jp/~choes/bibimbab/siru/intiki.html

61 名前:海底少年 ◆7marinKw 投稿日:2001/11/18(日) 17:26 ID:IdKokqQI
今日、夜7時からテレビ朝日をチェックせよ!韓国の本を取り上げるらしい。

62 名前:名無し草 投稿日:2001/11/19(月) 13:46 ID:zkiIZ9NE
>>61
しまった、見損なった(^^;
結局何の本だった。『日本人に伝えたい!』だった?(笑


63 名前:名無し草 投稿日:2001/11/20(火) 11:47 ID:pa76X8Jo
>>61
『コリア驚いた!韓国から見たニッポン』だったみたいね。

ほんとにクダラン本をネタにするんだねぇ(笑
テレビ屋って人の書いた本をネタにしといて、何の仁義も切らないらしい。
そういう意味で日本のテレビ屋は「チョン」だな。



64 名前:北斗名無星点 投稿日:2001/11/20(火) 11:53 ID:gxgINzIE
自分たちがメディアの王で、宣伝になってあんたらも嬉しいだろ・・としか
思わないんだろうなぁ・・・

65 名前:名無し草 投稿日:2001/11/20(火) 13:24 ID:qizM2rwc
>>64
そうだね。「TVなんか用はねぇーよ」とかいう反応が一番堪えるらしい。
「存在の拒否」だもんなぁ。

次が「なんでTV屋にタダにしなきゃいけねーんだ。頼んで憶えはねぇ!」
ってやつ。いかにもさもしい・・・



66 名前:ななし 投稿日:2001/11/21(水) 23:12 ID:UKHprSZU
テレビ屋と芸能人は現在日本の両班階級。

67 名前:ななし 投稿日:2001/11/21(水) 23:13 ID:UKHprSZU
>>66 訂正

×現在日本
○現代日本

68 名前: 投稿日:2001/12/11(火) 18:38 ID:SVndy.g6
age

69 名前:  投稿日:2001/12/27(木) 18:33 ID:oXsp68Iw
 

70 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/29(火) 12:43 ID:92T792Pk
 「桓壇古記」と「桓壇古記要義」(新国民社)共に鹿島昇著

 この鹿島昇って何者?
「ところでここころ、韓国における教科書是正運動を、不思議な形で助勢することに
なった日本人がいる。いわゆる古史古伝の研究者として知られた鹿島昇氏である。
韓国の運動家との連動のもとで氏が1982年に復刻・日本語訳した「桓壇古記」
は韓国に逆輸入され、歴史見直し運動をブームへとおしあげる役割を果たした」
(トンデモ本1999 309ページ)
 なんか他にも「秦始皇帝とユダヤ人ー人民中国の教科書問題」「義経=ジンギス
汗新証拠」とかの著作も見受けられますが・・・・。しかしこんな人に影響され
教科書見直し運動が起こる韓国って・・・。
 もっとも「桓壇古記」も3万円もしなければで欲しいんですけど。

71 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/01/29(火) 16:01 ID:MvwY.xio
参考になるかしら?
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=+site:216.218.192.139+%8E%AD%93%87%8F%B8+%83A%83Y%83%7D

72 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/29(火) 18:32 ID:92T792Pk
 参考になりました。ありがとうございます。

 もうお亡くなりになってたんですね。

 それから「桓壇古記」の出版社は、新国民社じゃなくて大韓民国在郷軍人会日本
支部です。

73 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/30(水) 15:04 ID:EUqpf0/E
 >>70の意味がよく分からないとのことなのでちゃんと書きます。

 [その1]
 わが国の歴史教科書は、占領時代の屈辱的史観に汚染されている。こうした偏向
をただすため、在野の研究者・市民による広範な運動が必要である・・・。どこか
で聞いた話である。
 事の始まりは1974年。標的となったのは、この年に制定された中学高校用国
定歴史教科書だった。すでに述べたように、壇君神話は、あくまで伝承で、歴史的
な事実をそのまま記録じたものではないというのが、独立回復なった新生大韓民国
歴史学会の共通認識だった。
 こうした公式史観に噛み付いた在野史家たちが根拠としたのは、「揆園史話」や
「桓壇古記」といった、古朝鮮王朝の系譜を精緻に記した民間史料だった。
 これらの史料によれば、古朝鮮は、はるか古代に建国されたシベリアからモンゴ
ルまでの領域をも支配する大帝国だったことになる。その年代や支配の領域は各種
史料によって異なり、紀元前2400年とも前4000年ともいう。
 繰り返そう。古朝鮮帝国は、チグリス・ユーフラテス、インダス、黄河に匹敵し
凌駕する大文明だったのだ。

74 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/30(水) 15:33 ID:EUqpf0/E
 [その2] >>73の続き
 しかも、韓国においては、壇君を信仰する民間信仰が、昔から根強い影響力を持っ
ていた。こうした団体の一部やファナティックな愛国主義を称する軍部勢力の支援の
もと、彼らは反権威主義、反体制を称する歴史教育是正運動を展開した。
古代の朝鮮が、日本はもとより中国よりも強大で高度な文化を有するという「事実」
に反対する学者連中は、民族の敵、日本帝国主義のスパイだというわけである。
 彼ら愛国の志士たちは、1978年には「国定教科書誤謬是正及び正史確認訴訟」
を実行にうつし、1981年には、国会での公聴会開催を成功させ、また世に知ら
れた学会長老を日本植民地主義の文化間諜として告訴、国会や公開シンポでは、学会
権威へのつるし上げが繰り返された。
 体制派学者対在野愛国者という表面的な対立図式は、実は陰では、ややこしいこと
に、民主派知識人・学生層対軍部・右派連合の抗争をも同時に意味することになった。
 ところでこのころ、韓国における教科書是正運動を、不思議な形で助勢することに
なった日本人がいる。鹿島昇氏である。韓国の運動家との連動のもとで氏が1982
年に復刻・日本語訳した「桓壇古記」(大韓民国在郷軍人会日本支部)は韓国に逆輸
入され、歴史見直し運動をブームへとおしあげる役割を果たした。 つづく


75 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/31(木) 15:09 ID:.tl8OyMA
 [その3] >>74の続き
 (中略)こうした稗史史料は、アカデミズムの世界では、なかなか相手にされず、
批判という側面からさえもまともな研究調査が行われたことがなかったのだ。
 だが、プロの研究者コミュニティが本気になれば、その力量はすごい。ようやく
開始された学会での再検討の結果、これら史料の信頼性は克明に検証されることに
なった。〜(中略)〜アカデミズム側の詳細な分析の結果は、これら民間の「史料」
が成立したのは、最大限さかのぼっても1920年代以後であるという信頼性の高い
結論だった。〜(中略)〜(民間の「史料」が偽物との)反証が提出されるや、韓国
では今度は、植民地支配の時代にあって、「揆園史話」を賞揚した人士や宗教者、団
体が(いわゆる)「親日派」であったかどうかが問題となった。
(中略)そしてついに1987年、国定教科書の改訂内容が決定されるにあたって、
彼ら在野反権威の歴史研究者たちによる見解は、全面的とは言わぬまでもかなりにわ
たって盛り込まれることになった。
 しかし、同じ年の6月29日、盧泰愚大統領による民主化宣言がなされて後は、
この民族史を正す国民運動は次第に勢いを失ってゆく。
 だが1990年に刊行された改訂版歴史教科書には古朝鮮大帝国の誇大な版図が
絵解きされ、今日に至っている。 (トンデモ本1999 298ページ〜311
ページより)

 なおトンデモ本1999は、趙仁成の「韓国における古代史論争と「揆園史話」
「檀奇古史」「桓檀古記」」と李基東の「古朝鮮疆域論争」(「別冊歴史読本・
古史古伝の謎」)・趙仁成の「「揆園史話」と「桓檀古記」の史料的価値について」
(「東アジアの古代文化」62、1990)の引用による。


 

76 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/01/31(木) 15:27 ID:.tl8OyMA
 韓国の改訂版歴史教科書の古朝鮮帝国の版図について、明石書店刊の高校用・韓
国歴史教科書で確認したところ、南は三東半島から〜黄海周囲〜朝鮮半島に至り、
北は黒龍江省の松花江あたりまでを古朝鮮帝国の領土としている。ちなみに中共の
現首都である北京はこの図を見た限りでは、古朝鮮帝国の領土に含まれているようだ。

77 名前:脱亞栄和 投稿日:2002/02/01(金) 03:22 ID:wB1SUpG.
誇張選定国?

78 名前:名無しさんは@ネチズンニダ! 投稿日:2002/04/11(木) 12:51 ID:QefoeOQg
 [韓民族初の国家はBC7199年桓国/陸軍の古代史教材物議]

 軍が毎週水曜日の「精神教育の日」の行事に、全将校を対象とする「民族史教育」
の古代史部分が、学会の主流学説とは外れる在野史学者の主張を中心として編纂さ
れ物議をかもしている。陸軍本部が編纂した教材の中で問題となっているのは「我が
民族最初の国家はBC7199年に建国された桓国であり、その領土はカムチャッカ
半島から中東地域にまでまたがった広大なユーラシア大陸であった」という部分。
このような古代史は、資料的価値に対する論争が終わっていない『桓檀古記』『揆園
史話』等を土台とした在野史家の主張を根拠としたものである。しかしこれに対して
学会では「歴史」というより「神話」であるという批判を加えてきた。この教材は我
が民族が建てた国家を「BC3898年、白頭山神檀樹の下に建てた倍達(ペダル)
国を経て古朝鮮に至る」と記述している。もちろん、この教材は「まだ定説化段階で
はない」という点を明示しているが、野戦部隊では「信念化」次元まで発展し、注入
式教育が実施されている。第1軍司令部が編纂した民族史教材には「多勿精神(韓国
の民間学者によれば「多勿精神」とは高句麗の建国精神のこと)」として「古の祖先
の領土を回復しなければならない」という内容も掲載されている。陸軍士官学校でも
、訓育官らは民族史の根源は「桓国」からだと教え、正規授業である「韓国史」の
時間には「古朝鮮」からだと教え、生徒を混乱させている。最近、仕官(候補)生を
対象にしたアンケート調査によると、全生徒の72%がこのような内容の民族史教育
が「高校で学んだ内容と合致しないと答え、22%が「実証的資料不足により信憑性
に欠ける」、15%が「国粋的民族主義を助長する」と答えた。一部生徒らは「時代
錯誤的発想」という反応をしめした。これに対し陸軍本部の「永福准将は「民族的自
負心を高揚させるだけのもので、教育自体に問題はない」と語った。高麗大・金貞培
教授(上古史専攻・53)は、「軍が民族史について関心を持ち、雄飛の意志を育て
ようとするのは理解できるが、考古学的裏付けがない仮説を全軍に事実であるかのよ
うに教育するのは性急なこと」と語った。(91年10月28日 朝鮮日報)
 (「日本人はビックリ! 韓国人の日本技偽史 」野平俊水著より)

■一覧に戻る■