■一覧に戻る■

景気を回復させる為には‥私はこう思う。

1 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 07:24 ID:2GtUpqQI
はじめまして。とある韓国人です。
改革は必要だよ。今は辛く感じられるかも知れんが、しばらく我慢。
来年からは少しずつ回復すると思う。
改革の他に、幾つかの問題点が残っていると思うが。
1.老齢化
2.大学の衰退
3.回復させるアイテムは?

老齢化に対しては、、、そう。外国人を輸入する事だ。
不法在留者のトラブルというのがあるな、、ドイツとかイギリスとかの前例をみれば。

大学の衰退は、、、留学生を受け入れよう。日本語堪能な優秀な外国人留学生が良いと思う。
アメリカの大学を見習おう。世界の国々の外国人留学生が自ら日本の大学に進学してきたがるようになるまで!
これは老齢化より重要な問題だから、効率的、効果的な投資が求められる。

回復させるアイテムはITだと思う。
ITに悲観的な人も多いようだが。
次世代、または次次世代の通信網が普及される段階では、メディアー革命が起こられると思う。
そう。テレビとビデオとコンピューターが合体するのだ。
でも、日本発の何かがないと意味がない。
何か新しいのを作って、それが世界中でもっとも売れるものにならなければね。
任天堂もSONYも良いが、もっとITの勉強をして、日本産のソフトウェア、
ハードウェアが、もっと世界中で売れるように努力しなければならない。
だから、アメリカの企業ともっと親しくなるべきだ。


2 名前:たけぞー ◆KsF5FhaI 投稿日:2002/02/16(土) 07:48 ID:vY3G/nlc
つまり、ハングル総督府板とは無関係なので終了って事で良いですか?

3 名前:あどるふ 投稿日:2002/02/16(土) 08:21 ID:6Bvs3fU6
>>1
全部却下。(w
1・韓国からの不法滞在者に悩まされてるのにこれ以上門戸を開ける必要は無い。
2・大学の衰退と留学生は結びつかない。
3・IT。>>1はITが何するものか根本的にわかってない発言だと思われる。
特に
>次世代、または次次世代の通信網が普及される段階では
>メディアー革命が起こられると思う。
>そう。テレビとビデオとコンピューターが合体するのだ。
↑この辺。
アメリカと仲良くする意味もわからんし。

4 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 08:36 ID:JfYWe5T.
結局、中国の台頭が原因だよね。
もはや、中国製品の価格じゃないと売れなくなったし、そうなると
日本企業はもう駄目だ。
一部の差別化できる企業なんて、一握りだし。


5 名前:たけぞー ◆KsF5FhaI 投稿日:2002/02/16(土) 08:45 ID:vY3G/nlc
>>4
その一握りが、実は日本には沢山あるんだよなぁ〜

6 名前:鳴神 投稿日:2002/02/16(土) 09:14 ID:nHIpucxc
留学生は景気とは関係ない
外国人の単純労働者の受け入れは
階層化社会の助長につながるので却下
ITはインフラに過ぎず、それだけで景気に直結はしない
コンテンツのほうがはるかに重要
テレビとビデオとコンピューターが合体しているものはもう有るし
特にそれがブレイクしているというわけでもない(まだ高いからかもしれないが)

犯罪対策として外国人登録の指紋押捺を復活させるべきだと思う
別に日本がアメリカにならなければいけない理由も無いのだしね


7 名前:名無しさんは@ねちずん 投稿日:2002/02/16(土) 13:57 ID:HjJrXCiw
 1、外国人移民の受け入れは、国内の定住化にともない社会的コストがかかり
すぎ割りに合わないと思うが、現に外国人労働者が多い地方では、かなり困って
いるとの報告がある。日本が仮に労働市場を開放したら10億の人口を抱える燐
国があるので直ぐに1億ぐらい増えるのでは?
 それに20年後はアジア全部が高齢化、韓国も決して他山の石ではないはずでは。
 2、96%が中国人留学生だという山形の酒田短期大学の問題もあり留学生で
大学の活性化がはかれるというのは幻想。これからは大学教育の質が本当に問わ
れる時代、質の悪い大学は潰れ淘汰されれば良い。日本は駅弁大学が多すぎ。
 3、IT革命自体がバブル。韓国は高速ネットを全国に施設して景気が上向いたり
とか、失業者が減ったりとかしましたか?PC房が増え、そのアルバイトが増えた
ぐらいでしょう?ソウルがネットゲームの首都になったとかいいことも有りました
けど。またアメリカと仲良くしてもアイデアがパクられるだけ。

8 名前:投稿日:2002/02/16(土) 14:06 ID:dKg6TKG2
>>3
未来には、数百万人の不法滞留者が発生するかも知れん。
大学の繁栄と留学生は関係ある。
アメリカの企業で日本産のソフト、ハードを用いるようになんとかするべきだと
思う。

>>6
留学生は景気は関係ないが、大学の衰退は問題だと思うし、長期的には景気にもつながる。
ITがインフラに過ぎないわけではない。
個人的には、むしろ、コンテンツの方が虚業に近いと思うんだが。
合体しているようなものが既にあるのを知らないのではない。

>>4
そう。日本の問題は高価格にもある。
いいもんを作っても、高いと買わない。

9 名前:たけぞー ◆KsF5FhaI 投稿日:2002/02/16(土) 14:16 ID:vY3G/nlc
>そう。日本の問題は高価格にもある。
>いいもんを作っても、高いと買わない。

へぇ・・・アメリカで今一番売れてるのは、日本車(日本のメーカーの車)らしいね。
HONDAは、高いが高品質で利益をあげていると聞くが?

10 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 14:22 ID:dKg6TKG2
>>7
1に対しては、、だから対策を講じるべきだと思う。
韓国も決して他山の石ではないが、日本の政策をまねて何とかすると思う。
2で、「質の悪い大学は潰れ淘汰されれば良い」はまったくそのとおりだと
思うが、日本の外国人留学生はほんの少しだと思うので、これからを考えれば。。
3売れるのは企業です。個人使用者に売れるのはゲームぐらいでしょ。
国内に留まらず海外で売れるものを開発するべきだと。

11 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 14:26 ID:dKg6TKG2
>>9
現代もアメリカでは結構売れてるよ。

12 名前:投稿日:2002/02/16(土) 14:31 ID:dKg6TKG2
PC−9801とか、β(ビデオ)とか、何とか通信方式は日本では売れてたかも
知れんが、海外で売れなかったから滅んだじゃないか。

日本さえよけりゃいいと思ってるようなオタ根性を捨てろ!

13 名前:あどるふ 投稿日:2002/02/16(土) 14:37 ID:6Bvs3fU6
>>8
1さ、マジで不勉強だよ。
留学生の受け入れがなんで長期的に景気に作用するのかその根拠を教えてくれ。
ITに限らずどんな商売でも永続的に利益を回収できるものが
一番おいしいって事はわかるよね?ハードは作っても利益回収上
修理や生産を含めても限界がある。ソフトは一発当てれば
長い間しゃぶれる。携帯の例が良い例だ。課金システムで
手軽に使えるだけに集金は素晴らしい。
ネットゲーに関しては言わずもがな。韓国の独壇場も
日本メーカーの本格参入で間も無く引っくり返されるだろう。

14 名前:投稿日:2002/02/16(土) 14:49 ID:dKg6TKG2
>>13
大学、研究する機関がないと、オモチャみたいものは作れるかも知れんが、、、
以下略で、大学が重要なのは知ってるだろ?
優秀な学生は大学の発展とつながるが、日本人学生だけじゃ意味がないと
いうことです。
景気は短期で変動するものだから、大学の話を出したのはちょっと似合わないかも知れんが、


15 名前:たけぞー ◆KsF5FhaI 投稿日:2002/02/16(土) 15:01 ID:vY3G/nlc
>>12
VHSは?DynaBookは?

16 名前:あどるふ 投稿日:2002/02/16(土) 15:26 ID:6Bvs3fU6
>>14
やっぱり不透明じゃねーか。
つーかもういいわ。(w

なんか知らんけどsage進行だし。(w

17 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 15:50 ID:ON3c1R1.
お前頭悪すぎ>>16

18 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/02/16(土) 16:35 ID:p3CqZ4rg
>>14
別に自画自賛をするわけではないが、日本人だけできちんとした研究成果
を出せる大学がかなりあるのだから、決して研究開発レベルで日本が衰退
しているわけではない。どうでもいい大学が少子化によって衰退してきて
いるだけだ。ただし、優秀な連中の比率を一定だと考えると少子化はある
意味問題かもしれない。そのぶん一人あたりの教育にかけることができる
コストも増えるという考え方もできるがね。
日本の強みは意思疎通のスピードだと思っている。外人が増えるとこの強
みが打ち消される。この辺りはどうなのだろう?


19 名前:あどるふ 投稿日:2002/02/16(土) 17:13 ID:6Bvs3fU6
>>17
人の意見にガタガタ言う前に自分の意見くらい言えよ。(w

20 名前:投稿日:2002/02/18(月) 02:27 ID:/JPEfHHM
本当は放置するつもりだったが、
ただ今、殺人事件の記事を読んだ。何と言ったらいいか。。。
アメイカとかイギリスの大学を連想しながら、書き込んだつもりだったが、
色んな問題を抱いている実相を把握出来なかった。
ただ留学生をいっぱい受け入れるだけでなく、優秀な大学に優秀な学生を
受け入れることが望ましい。

>>18
最初言ったとうり、日本語堪能な学生が良いと思う。
また、今の事件でも覚ったが、メンタルケアの必要性、、というより、
日本式礼儀作法を教育させるのはいかが?
日本語勉強はさせてるようだが、日本式礼儀作法などの教育については、
意外と怠ってるんじゃないかな。
白人であれ、黒人であれ、日本人と同じ扱いをして、日本式教育をさせろよ。

殺人事件に対して、本当に何と言ったらいいかと思っている。。。

21 名前:メットミュージアム ◆wZ5sh2ek 投稿日:2002/02/18(月) 08:20 ID:qsRAyDMU
いや、いちおうアメの大学通ってる人間として言わせて貰うと、
アメの大学で礼儀作法なんてやらんぞ。エスニックグループべつに
固まってても誰も文句言わないし。成績のつけ方もアメ人と同じだし。
それがいいって言うのではなく、日本は、他人の顔色見る必要が無いってこと。

22 名前: 投稿日:2002/02/19(火) 13:44 ID:GyzmxDHc
>1
それを実行したら日本の景気はさらに悪くなるだけです。
それぐらいは常識ですので。「国際人」や「知識人」に憧れるだけなら
勝手だが、そう呼ばれるためにこういう提言をする連中がいるから困る。
1が本当に韓国人ならそれ以外にも目的があるのだろうが。

23 名前:名無しさんは半万年の歴史ニダ 投稿日:2002/03/11(月) 08:41 ID:00mugW4E
     (  ))     _                      
   ((  ⌒  ))_(   @)___//  サルベージ! アヒャ!
  ((   (≡三(_爪゚∀゚)___( http://===================================== (*゚∀゚) ))
   (( ⌒ ))    (  ニつノ  \`
   (( )      ,‐(_  ̄ゝ     __
           し―(__)   


24 名前:ちょっと右 投稿日:2002/06/01(土) 18:56 ID:cRtvHXzM
私も一言いわせてもらお。
韓国が、それまでの奢りがたたって国が一旦破綻したのは紛れも無い事実だし、
経済的には日本に従属している部分が大半というのを確固たる事実。
それは韓国人でもはっきり認識しているとおもうぞ。
でも、韓国のケースはどうしようもないところまで追いつめまられたが故に
奇跡の復活をしたんだと思うよ。
確かに日本は韓国より全然経済的にも成熟していて、危機に陥る可能性は皆無と
思われていたけど、実態はそうじゃない。
たまたま、外貨を溜め込んでいて、米国の債券をたくさん買っているので、日本を
見殺しにすることができなかっただけというのが実態だよ。
中国みたいに銀行の不良債権比率が50%もあるような国の格付けが韓国とかよりずっと
上というのは、将来を見据えた政治的な配慮があるからなの。
日本は明治維新と戦後、確かに一気に先進国に上り詰めたけど、そんな成功体験に
すがっていることが哀れに思う。
特に最近の若い奴らを見ていると、頭痛くなってくる。
あと、それとどーしよーもない政治家。
このまま行くとどっか外国に侵略されるか、クーデターでもおきるかもよ。


25 名前:名無しさんはウリナラマンセーニダ 投稿日:2002/06/01(土) 20:00 ID:y99Mkydg
>24
ネタ?
「誰が、何故、どーしよーもないのか」
「どうその状況の解決をするのか」
ぐらいは書くべきじゃないの?
そのカキコじゃあ議論にならんよ。

26 名前:ちょっと右 投稿日:2002/06/01(土) 20:19 ID:dHBxxNeM
>25
舌足らずで申し訳なし。だが、
反対に質問するが、今自分が知っている政治家の先生で尊敬できる人っているとおもふ?
自分はいない。
何を審議させても結論は先送りだし、具体的な話は無いし、なんか、本来政治家って
皆から「是非、やってもらいたい」という観点から選ばれるもんでしょ?
確かに支持率って重要なバロメーターだとは思うけど、マスコミや世論に迎合して
政策が変わるのは、政治家として失格だとおもふぞ。
で、その状況の解決をするのかという質問であるが、
申し訳ないが、その状況って、政治家の問題かな? それとも景気の話?
勿論、両者はリンクした関係にあるけど、出来れば一つづう話し合ったほうが
よろしかおもふよ。

27 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/01(土) 23:44 ID:4jECPoWk
まず、老齢化は日本だけの問題ではない。世界の潮流である。
これは、意外に思われるかも知れないが中国もだ。アメリカはこの老齢化、
正確に言うならば少子化の流れは、世界の流れからは多少タイムラグがある。
しばらくは問題にされないであろう。

その2。大学の衰退に関しては日本の経済とは無関係である。
別に日本の馬鹿な大学にわざわざいく必要もないでしょう。
競争により自然淘汰するので、私はこの件には楽観的です。

その3。日本が回復するにはどうしたらいいか?
私の意見は皆さんとかなり違うので、誤解を生むことを承知で書きますが、
「問題を先送りすること」これが、問題解決の早道となると考えます。
なぜか?
問題解決を(ここでは不良債権処理のことを指します)ハードランディングで
行えば必ず、社会不安が引き起こされます。そして、それは日本人の最も
心理的に嫌がる状況に繋がるわけです。
日本は過去、農業人口を減らすこと、遅れた流通業を近代化させることに
成功しました。
今回の不良債権処理も、必ず成功すると考えます。スローペースですが。

28 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/02(日) 00:15 ID:68TGCW.w
韓国のようにもともと社会基盤のない国であるなら
ドラスティックな改革も有効でしょう。もともと安定した社会そのものが
ないわけですから。
社会不安を無視し、経済再生一辺倒でもよいかと思います。
しかし、日本は違います。
ドラスティックな改革で、社会不安が起きることのほうが
経済不安よりも、より深刻になろうかと思います。
「問題解決の先送り」これが重要なポイントです。

しかし、「先送り」をただすればいいわけではありません。
次の「受け皿」が必要となります。
例えば、明治維新の時の、幕府の役人から土佐、長州、薩摩の下級武士。
農業人口を吸収した大都市。遅れた流通業に従事していた者を吸収した
コンビニ等の近代的流通業。

いかがかな?

29 名前:28 投稿日:2002/06/02(日) 01:20 ID:8.D/w37g
景気を回復させるには
新しい雇用を作り出すこと。 それには

1. 60歳以上の第2自衛隊を募集する。
2. 対人小型ミサイルの開発。
3. モンゴルに半導体工場を建設し、従業員は日本人とする。
       同様に研究所を作る。

 以上により2億人の雇用を見込める、これを現地人と日本人とが
 満たす。

30 名前:名無し 投稿日:2002/06/02(日) 02:53 ID:fUHB67TY
28,29のレスってなんかすごくない?
非常に的を得てると感じるのは、居れだけだろうか?

10ウォンさん、よかったらもう少し詳しく教えてくれませんか?
すごく新鮮な意見なので、感銘しています。

31 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/02(日) 14:28 ID:/p1YWasg
30の名無しさん、ありがとう。

日本において重要問題を解決するにあたり「先送り」が有効であったのが
明治維新、非効率な農業人口を減らすこと、非効率な遅れた流通業を
近代化させること、この3点がわかりやすいと考えます。
幕府から明治政府に移行する時に、何か具体的な国家政策があったろうか?
土佐、長州、薩摩の下級武士達が、「受け皿」「引き継ぎ」をごたごたしながらも
行ったため、うまく成功した。もちろん、当時は無我夢中でことの本質を理解していた
ものは少なかっただろう。
非効率で非生産的な膨大な人口を抱えていた日本の農村は、政府にとっても
また日本経済にとっても足枷以外のなにものでもなかった。
しかし、日本はこの問題を「先送り」した。何も政策の実行を行わなかった。
結果はどうか?大都市にかつての農業従事者が集まり吸収した。
もちろん日本の農業はダメにはなったが、非効率な農業に人口を、粘着させず
切り離し、より効率のより生産性の高い場所に移ったわけだ。
遅れた流通業に関してもしかり、政府はこれを近代化させるための政策を何も
しなかった。大店法の改正などは、近代化し終えた後に施行したほどだ。
つまり「先送り」による成功となったわけだ。

今回の不良債権処理も同様だ。

32 名前:あぼ 投稿日:2002/06/02(日) 16:47 ID:oNIydEDU
個人的には歳とって定年退職したじいさんは希望により田舎に移り住んで
農業要員になってくれた方がいい。働きたいじいさん達多いでしょ?
農業は採算が合わないけど、どの道年金暮らしなんだから道楽に近いだろ。

何にせよ、食料自給率と老人雇用を兼ね備えた体制があったら面白いと
思うがどうだろう。これからは老人社会なんだから老人を
有効に活用した国が粘り勝つと思うんだが。

33 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/02(日) 17:46 ID:f7IMRCg.
うーん、私の熟年層に対する認識は、あなたとは違いますね。
老人=使い物にならない。
これは、ステレオタイプな考え方です。
熟年層はそれまで培って来た経験と知識、知恵が備わっているはずです。

先進国で食料自給率が低く、輸入にほぼ頼っている国は日本だけですね。
だからといって、自給率を上げることに何の意味があるのでしょう。
また、農業で雇用を吸収しようというのはナンセンスです。
農業自体が、日本のお荷物なのですから。
補助金をもらって経営かつ生活している産業に雇用力はありません。

農業につきたい人はいるでしょうが、御自由にって感じです。
所詮趣味であり、日本経済の回復には1mmも関係ありません。

34 名前:ちょっと右 投稿日:2002/06/02(日) 21:25 ID:LRP3vSLI
不良債権処理はデフレが続く限り終わることはありえないよ。
だって、韓国も美国もどうして金融機関の不良債権処理が早急に収束に向かったと思う。
それは国が不良債権を買い上げたからだよ。それから公的資金投入ね。
日本の銀行がやっている不良債権処理って貸し倒れ引当金を積むことだよね。
これって、デフレで土地の値段が下がれば、担保価値が減って、その分だけ
不良債権が増えるんだよ。
だから本当は国が国債発行して公共事業するんじゃなくて、銀行の不良債権を簿価で
買い上げることだよ!
もっとも住専で叩かれているから、簡単には行かないだろうけどね。
このままだと、格付け、韓国に逆転されてしまうぞ?


35 名前:某スレの278でもある25 投稿日:2002/06/03(月) 18:39 ID:92AGx.9o
>33
農業で雇用の吸収は無理でしょうね。ま、科学の発展で生産性の向上は可能かも
知れませんが、その場合でも結局、重要なのは製造業になりますからね(生産性の
向上が実現されても結局農業に労働や土地を回す必要性が他の産業より高く事は
まず有り得ないでしょうから。自給率の問題は経済より政治の問題になる可能性の
方が圧倒的に高いでしょう。ま、平時においては日本の経済力を考えると
問題にはならないでしょうが。他方で日本が莫大な食料輸入をすると食料の
値段が跳ね上がって貧しい国が食料を輸入しにくくなる、という事によって
日本の評判が悪化する可能性の発生と言う問題が別に発生するけど、それは
ここでは割愛。ただ、他の所で色々日本の我を通したい外交問題が山ほど存在
するのでここでは猫を被りたい所だと個人的には思いますが)。
後、29の1、2にある軍事に関する産業で雇用を生み出すのは農業で雇用を
生み出すのほとんど変わらないのでは?昔はともかく、今では、軍事産業は
ただの金食い虫でしかないでしょう。民生用の部品の方が精度が高くなったり、
軍事産業は特殊な民生用に転用できなくたったりしてるものが多くなってる
でしょうし。ま、民生用の部品の精度が高いのは、日本の所為による所も大きい
のでは、と思いますが(ウリナラマンセー?)。29の3や流通、金融等のサービス業
に対する私の見解は次のレスで書く予定です。


36 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/03(月) 23:20 ID:0XrDrnTo
私は、34さんの意見を、日本はインフレ方向にもっていくべきと解釈します。
違っていたらすみませんが、その上で簡単にシュミレートしてみます。
政府がインフレ政策をとると決めたとします。
外資の投資機関はまず、その政策が実行に移るまでの期間に、日本を売りまくる
でしょうね。そして安値で買い戻す。
しばらくタイムラグがあってから、日本にインフレが起こる。
誰が得をするのだろうか。
インフレで、物価、土地の値は上がるでしょう。株価もあがるかもしれません。
しかし、所得は上がりますか?
結果どうなるか。
社会が、所得格差によって二層化するわけです。アッパークラスとプアクラスに。
今のアメリカ、韓国をみればよくわかりますね。
そのような社会を日本人が本気で望んでいるのでしょうか。
私は、日本の強みは深みと弾力性のある中流層だと思います。
インフレを起こし、過度なアップダウンのある経済政策は愚策だと私は思います。
一部の経済人は喜ぶでしょうが日本社会に混乱と信用不安を引き起こすだけだと
考えます。
それと、格付け、日本が韓国に抜かれても別にいいと思いますね。
すでにボツワナに抜かれているんですから。

では、不良債権処理を「先送り」したままでいいのか?
不良債権処理にとっての、明治維新の時の下級武士や、大都市、近代的な流通業は
いったい何か?何が、解決の糸口になるのか?何が、受け皿となり引き継ぎ、
問題をスライド化しターンアウトするのか?

37 名前:簡単 投稿日:2002/06/04(火) 10:15 ID:FHev6y7w
半島人強制送還で、暴力団半減。不良債権激減。
パチンコ全滅で、数十兆の経済効果。これだけで十分だ・・・

38 名前:25 投稿日:2002/06/04(火) 10:36 ID:P4b1lEuA
>36
インフレの方向に持っていこうと34氏がしてるかどうかはともかく、
ま、アメリカが成功しているから日本も階層を分割すべきだと本気で考えている
経済学者や作家、それに影響された(ふりをしてる可能性もあるが)経営者は
それこそ現実に存在しますからね。それがどういう結果をもたらすのか考えない、
若しくは考えても自分は関係無いと思ってるからね。学者達はそれを
唱えて日本の経済が良くなったら自分達がそう発言したおかげだと言い、
悪くなれば、政府が無能なだけだと責任転嫁するつもりでしょうがね(現首相を
信長にたとえている所に彼らの下心が透けて見える。信長は確かに、「改革」を
行ったかも知れないが、それは「改革」を行う事によって経済力が上昇し、
経済を良くする事が国力の上昇につながり、国力の上昇は己の戦略に叶うから
「改革」を行ったに過ぎない事が触れられていない。後、誰かが言ってた記憶が
あるけど、小泉首相は現実論により「改革」を行った信長より、理想論によって
「改革」を行った松平定信に近い。現実の政治や経済に必要なのは現実を仮定に
近づけようとする理想論者、経済学者や作家ではなく現実と理想が乖離しようと
経済を良くしようとする田沼のような人物である。ま、田沼の経済政策で経済が
良くなったかは別の話)。一般人に階層分割を唱える前に役立たずの学者や
経済センスも持たないくせに表現の自由を唱えて現実の政治に口出しして
そのくせ碌な作品を量産する作家は淘汰されるようにしたらどうかと思うんだが。
ま、階層分割が行われると、そうなる可能性が高くなるんですけどね(藁
実名出して悪いんだが、私の評価では井沢(逆説の日本史シリーズで有名だと思う)
レベルでは現代の経済に関するセンスは一般人やそこらのマスゴミと変わらない。
提言する政策で政治や経済にどういう影響が出るのかに対する分析能力が
極めて低く、政治、経済に対する長期的な視野が有って無い様な物。
例えば、一例を挙げると、信長が死んだ事で発生するプラス要素は現実に存在する
事を認識していない(若しくは無視している)事が長期的な視野が無い事を証明して
しまっている。それではただの煽りにしかなっていない。
って、やたら長くなってしまって、書くと言った事を書けなかった…。
アメリカが本当に成功したのか、(成功してるとして)成功は今も続いてるのも
書きたかったが…。

39 名前:彷徨 ◆NAtestWU 投稿日:2002/06/04(火) 12:05 ID:joavCINc
その次も是非聞きたいんですが、改行をたのんマス。。。

40 名前:25 投稿日:2002/06/05(水) 15:50 ID:HmB8PnH6
>39
詰め込みすぎて、改行をしませんでした…。申し訳ない…(鬱
ま、私の言いたい事はおおよそ6の鳴神氏が書いてるので、それを論理で表した
ものを書いてるというのが私のやってる事ですが。

何から書こうかちょっと悩んだんですが、階級社会化が日本の経済にどういう
影響を与えるかを書こうと思います。

階級社会化が進むと階級によって教育水準に違いが生じる可能性が高い事は
理解してもらえると思います(公立校と私立校で教育水準の違いが生じる事態に
なる可能性が日本では高いと思います)。
アメリカでは、階級によって住む場所が異なっているという現実によって
州の予算が異なり、裕福な州とそうでない州によって教育水準が異なっている
事態が生じているようですが。
そうなると、教育水準の違いによってより一層、階級の分化が進むという
悪循環が出来るんですよね。
その事を考えると、現在、公立と私立で教育水準が異なってきている状況は
まずいんですが…。
話を戻すと、教育水準の違いは機会の平等を失わせる結果にもなるんですよね。
自分の家庭の階級によって受けられる教育と教育環境が異なってきますから。
そうなると、始めから高校や大学に進める人数がある程度決定されてしまう
事によって、受験の競争に参加できる人数が限定されてしまい、競争によって
選抜されうる可能性のある人数が減ってしまって、才能のある人物が選抜に
参加できなくなる可能性が高くなってしまうんですよね。
同時に、水準の低い教育しか受けれない事は、就職できる職種がかなり
限定され、知的水準の低さによって企業の生産性を下げたり、生産性向上
の足を引っ張る事にもなってしまうんですね。
そうなると、アメリカが成功した(と言われる)要因の一つと考えられている
階級社会が創造力を生み、競争力を生むと言われている事は、実際には
むしろその逆で、階級社会が競争力を減らしている、という結論にも
なりうるんですよ。
アメリカの大学生が賢いと言われているのも、むしろ、日本に駅弁大学や
駅弁高校が多いだけで、駅弁大学や駅弁高校を減らしたり、入試や卒業の
合格水準を引き上げる等の解決策をとればいいだけ、という指摘も出来ます。

階級社会化する事によって政府の教育予算に影響がでる可能性が高い事と
教育予算の減少によって公立校の教育水準が下がる可能性が高い事も指摘した方が
良かったかな?
知的水準の低さが企業の生産性に与える影響についてはエーモンフィングルトンの
著書(ただし、著者本人は否定してるが、日本陰謀論に基づいて書かれた部分が
日本に関して書かれた所で多く登場するのでその部分は自分の知識や経験、勘で
割り引いて読むべし)や「強国論(の一部)」を参照にして欲しい。

次は何を書こうかまた悩んでたり…。

41 名前:名無しさんはウリナラマンセーニダ 投稿日:2002/06/06(木) 00:40 ID:FSOvRdLw
日本家には日本パパ、日本ママ、日本子がいます。
日本パパは日本ママに借金をしています。
日本ママは日本子に借金をしています。
日本子は日本パパに借金をしています。
三人とも仕事をしていますが、借金の金額が大きいためなかなか返せません。

日本家の隣にはアメリ家さんがすんでいます。
アメリパパは日本パパにかなりの借金をしています。
アメリママが日本家に言いました。資産価値がどんどん下がっていますよ。
パパの車も、ママの持っている不動産も、日本子のPCも今は半分の価値もありません。
日本家はその評価に不満でしたが、アメリママは受け付けません。
アメリコが言います。このままでは大変です、私があなた達の物を買ってあげましょう。
アメリコの提示した金額は、アメリママが計算したためとても少ないものでした。
でも、アメリコは言いました。借金が返せないと大変なことになりますよ。
アメリママも言いました。このままでは資産価値をさらに下げざるを得ませんね。
日本家はしかたなくアメリ家にいろいろと買ってもらうことにしました。

日本家の借金はアメリ家さんのおかげで1割ほど少なくなりました。
パパは車がないので通勤に自転車を使っています。通勤時間が三倍になりました。
アメリ家さんは日本家の家にそのまま住んでよいと言ってくれましたが家賃を払わなくてはなりません。
日本子はPCがないので仕事を変えざるえませんでした。収入が2割減りました。

いま日本はこんな感じですよね。ここまでに大きな勘違いがありますか?
当然に素朴な疑問がうかぶのですが、具体的にどうすればいいのか
又、なんでそうしないのかが分かりません。だれか素人な私に説明してくれませんか。


42 名前:あぼ 投稿日:2002/06/06(木) 00:52 ID:6ImPFLmU
漠然としてるけど”自由を制限する事”とかどう?
経済の話はよくわからんけど、現時点で無責任に足並み乱す人が
やたら発言できる状態はどうかと思うよ。

政治家の話聞いてると経済回復と言うだけで
死屍累々倒れ込んでる国民をこれっぽっちも見てない。

自由な発言なんていらないよ。独善的にでもグイグイ引っ張って
結果を見せてくれる大将プリーズ。

43 名前:25 投稿日:2002/06/06(木) 14:43 ID:8sSvfAUU
>41
合ってるところもあるけど、かなり強引ですねえ、その論は。

>42
自由な発言が出来ようが出来まいがそれを無視すればいいだけ、と言う事は
できるからね。
自由な発言ができる事の良い点は失敗したりしても責任を問われない(失敗の
責任を政治家等の当事者の能力のせいにしたり)所か…(実はそれによる裏技、
と言うほどのたいした物かはともかく、は一応有るけど)。
悪い点は自分の都合の良いように話して煽ろうとする人物が出る点ですね。
現実に、改革や革命をするべき、っていう煽りをする人物がいるけど、政治は
現実に対応するべきものであって、改革や革命は現実に対応する手段に過ぎない
からね。
結果がどうあれ改革をする事に意味がある、というのは漫画の中でしか
通用しない。
現実では結果を出せない政治家は必要無い。
民主主義国家においては政治や経済において、
「結果を出せなかった(出せない)事は最大の罪だ」
と(ある種)言えると私は思っております。
38で書いた事をまとめた文になってしまったな。
取り敢えず私からのお願いですが、(経済)学者は研究室に、作家は書斎に
引き篭もって、現実の政治や経済に口出ししないでください。学者や作家が
現実の政治に口出しすると碌な事になりませんから。

41氏が言ってる事は金融に関する事なので必然的に書く事が
多くなるんですよね…。ちょっと今回は割愛。

今回は、外国人が増えると職が奪われるだけじゃなくて、給料が全体的に下がる、
という現象が生じる事を指摘して(今回書いた事と関係ないけど…スマン、
考えたら、今回書いた事と関係ないというのは、かなり嘘だ)終了します。
次にこの事を書くつもりですので。


44 名前:25 投稿日:2002/06/06(木) 15:40 ID:8sSvfAUU
40で階級社会化による教育に対する悪影響を述べたけど、利点も有るには
有るのよね。劣悪な教育環境である分、まじめに勉強する奴は忍耐強く
なったり、適応力が高かったり。(アメリカを例に出すと)移民受け入れで
人口や人種を増やして、まじめに勉強する奴の輩出されるように
対応してるようだし。人種が増える事によって生じる欠点と相殺されてる
可能性は大いに有り得る事だが。
利点も有れば欠点もある、という事ですね。
38で書いた信長が死んだ事による利点も同様に、死んだ事による欠点も
存在する(はず)なんですね。

ま、単に生じる利点と欠点のどちらが重要か、によって重要な方をとれば良いん
ですが、利点は説明しても、欠点の説明をしない事が多いんですよね。
欠点の説明どころか利点の説明すらしてない場合も多々有りますけど。

多いのは
「成功したから(多いのはアメリカの成功を引き合いに出す場合か)」
という言葉ですけど、それは理屈になってないんですよね。最も理屈にならず、
且つ、最も説得力のある言葉でもあるんですけど(特に政治や経済においては)。
何故、成功したか、の「何故」の所を書かなきゃいけないんだけど、「何故」
の部分を書かない、言わない。

他には
「あの人(誰かは場合によって変わるでしょうが)が言ってた(書いてた)から」
というのもありますね。

ま、この二つをやる人はほとんど「何故」の部分が理解できてない
可能性が高いと思われます(抽象的な事ばかりで具体的な事が指摘できない)。

しかし、全く理解してない人はすぐわかるんですけど、(どれが)本質か
わかってない人は困るんですよね。本質がわかってない事は基本的に
わかりにくいですから。あれこれと成功の理由を書いてるけど、
成功の本質がわかってないから本質の部分が抜け落ちてるとか(意図的に
本質や理由、欠点を書かない人は基本的に論外ですけど)。
本質や理由、欠点の部分がわからないと
「自分達が実行した場合にも成功するかどうか」
という問いに対する答えが変わる可能性が発生しますから。

私の考えですが、これをやる人はただの煽りと認識します。というより、
煽りにしかなってないんですよね。若しくはネタにしかなっていない。

信長が死んだ事によって生じる利点と欠点はめんどいので割愛。「書いてくれ」
と希望する人がいれば書いてみるが。

折れのレスって長いレスばかりだ…。スンマセン、逝ってきます…。

45 名前:名無しさんは反省しるニダ 投稿日:2002/06/07(金) 01:26 ID:NkLSSiA6
マターリ好きが多い場所なので、内容があれば長文は苦にならないと思います。
レスを返せるかは別としてですがw

46 名前:にしかわ 投稿日:2002/06/07(金) 02:07 ID:knnso3gA
43,44って、抽象論ばかりで、経済回復の具体策がなにも書いてないよ。


47 名前:25 投稿日:2002/06/07(金) 19:17 ID:RRFiGky6
>46
まだ、具体論に入るべきではないし、あそこはそもそも入るべき所
じゃないと私は考えてます。
あれは、現存する論の否定というか、マイナス面の指摘というか、
という所ですね。

ま、私の具体策は長期的視野から決定される戦略的な効果(国家百年の計に
よるもの)が多くて、短期的な策、即ち戦術は少ないですね。
あくまでも戦略から戦術を決定する、という私の考え方の所為による所も
ありますけど。
戦術はそもそもばらしたら相手に対応策を取られる可能性が高いので
書かない、というのはあるけど、折れはバンピ〜なので特に問題ないでしょう(W

戦術による経済回復は一時的になら効果はあるけど、長期的には短期的な
プラスを上回るマイナスが発生し、軌道修正に時間がかかるものが結構あるので、
長期的にも問題が無い、若しくはすぐにマイナスが発生しないように軌道修正が
できる政策はなかなか無いんですよね。

これは私の意見なんですが、経済学者や作家の欺瞞(あるいは勘違い)は
「政治が経済を良くするができる」
という考えなんですけど、それは基本的に無理なんですよね。
この勘違いはおおよそはアメリカのクリントン政権の所為によるだと私は
考えてますけど。

長期的な視野に基づいた戦略を立てる事はできるけど、それが正しいか、戦略を
しっかり実行できるかという問題も存在したり。
まして、戦術で経済を良くするのは基本的に無理、場合によっては自殺行為。

政治が経済を悪くしようとしたら、すぐ出来ますけど(藁
ま、笑ってるけど、その理由は独裁者の国の私物化とか、
戦争(特に内乱のような内紛はかなりの悪影響を及ぼす)、
政治的成熟度の低下(政治的成熟度が低いと政治家の暗殺やクーデター、
革命運動の恒常化が引き起こされる。民主主義国家にとって、暗殺や
クーデター、革命運動は国家、国民の政治的成熟度が低いか、
政治がそういう事が起こるほど悪いことを示すものであり、極めて印象が悪い。
軍事政権も基本的に極めて印象が悪い事に該当する)による
国家の安定性の低下による国際社会からの信用の低下とか、
洒落にならない項目がズラリと並びます。
洒落にならない国もそれこそ、アフリカや南米には山ほど有りますし。

要するに、政治が経済をすぐに良くする、言い換えると、すぐに何らかの企業が
国際競争力を持つ、何らかの企業に国際競争力を持たせる、なんてことは
無理です。

すぐじゃなくても、出来る(出来た)かどうかわかりにくい。
戦略の成果は見えにくいですし、戦略が正しいのか、正しく戦略が実行されたか
わかりにくいですから。それに戦略はあくまで状況(環境)の改善(変化と言う方が
適切かも)は出来ても、直接、国際競争力を高める事は出来ませんから。
状況(環境)の変化により、間接的に高めるよう戦略の目標に据える事はできます
けど。

と、言うより、戦略の目標を自国企業(日本企業)の国際競争力を自国民(日本人)
の労働により高める、という事が戦略を行う意味だと私は考えています。

政治が経済をすぐに悪くする、という事、即ち、すぐに何らかの企業の
国際競争力を削ぐ、失わせる、という事はすぐに出来るんですけれども。

要するに政治が経済を悪くする事はすぐにでもできるけど、経済を良くする事を
直接行う事はほとんど(完全に?)無理だし、間接的に行うにもかなり限定される、
という事が私の意見です。
我ながら看も不多も無いなあ(紙も穂砥毛も無い)。

まあ私の具体的な経済政策は戦略に沿って決まる部分が極めて多く、戦術は戦略の
補完をする、という位置付けなのでまだ具体策が書ける段階じゃないんですよね。

外国人の事を何も書かないのも何なので少しだけ…。
と思ったけど、やっぱり今日はやめ…。スンマソン。

48 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/07(金) 20:16 ID:q9XDKfr.
47さんが、抽象的であいまいな言葉遊びに終始しているようなので
私が、具体的に、提示してみようかな。
まあ、微弱な私が提示したところで、何が変わるわけでもないですが。

「世界の金融サービス業において、残された最後の成長市場は、日本である」

完全に時代遅れの日本の金融サービス部門は、
逆ばりで見れば、これほど魅力的このうえないわけだ。
今日の少子老齢化による人口ピラミッドの変化は、チャンスであり、
膨大な額の個人預貯金(郵貯含む)を動かす、これだと思う。
現在まで、金融においては、生保、投資信託等の旧態依然とした商品しかない
日本においては、新たな中高年市場用の少額金融商品の開発が必要だと考えます。

もひとつ、銀行の担保主義の脱却ですね。
今、UFJとサラ金が組んで始めようとしていることは面白いと思う。

私は、未来はすでに現在起きていると考えますので、
現在の小さな小さな変化を注意深く観察して、ブレークスルーの
きっかけをキャッチするのがよいと思います。


49 名前:名無しさんは反省しるニダ 投稿日:2002/06/07(金) 23:37 ID:g.XEMZa2
>今、UFJとサラ金が組んで始めようとしていることは面白いと思う。

おしえてたもれ。

50 名前:25 投稿日:2002/06/08(土) 19:49 ID:jFqa/r2w
言葉遊びと言われてしまった様なのでいきなり政策を書こうか、
とか思ったけど、
それをやる、即ち私の考える政策を理由なしで書くと、
お前は極右だ、と言われ、理由を書いても始めから見ようとしない
可能性があるので後で。理由を書いても言われる可能性もあるけど(藁
私の考える政策の一例をあげると指紋押捺制の復活やODA、並びに国連分担金の
拠出の全面凍結、があるんだけど、これだけでも下手したら論議を呼ぶのに、
肝心の経済政策がもっと論議を呼びそうだから、という。
私が(日本)政府に求めるのは国益の追求であって正義の追求ではないので、
そういう私の考えが私が考える政策の随所(全面的)に出てるんですよね。

それでは、そろそろ、外国人の流入が経済等に与える悪影響を書きます。

まず、外国人の給料は基本的に安い(まあ、概ね、通貨の強さの違いとその国の
経済格差が大きいからなんですけど)ので雇う、というのが外国人を雇用したり、
工場等を海外へ移転する理由なんですよね。企業にとって。
すると、もちろん、給料の高い日本人の職が失われる、というのもあるんですが、
もう一つ、日本人の給料が安くなる、というのもあるんですよね。
日本人の雇用を外国人の雇用より優先する場合にこれ(日本人の給料の削減)が
行われない事は現在の日本ではほとんどありえないでしょう(行わない企業も
あるんですが)。
ここでは余談になるんですが、サービス業でそれが多いならまだそれほど
困った事態にならないんですが、製造業で多いからかなり困るんですよね…。
そうなると何が起こるか、というと階級社会の発生、並びに階級社会の助長
なんですよね、大変困った事に。
後、製造業等の場合は企業が長期的に国際競争力を持ち続ける要素の一つである
「日本人が製造技術等の蓄積を行う」
という条件が満たせないだけじゃなく、
「外国人が製造技術等の蓄積を行う」
という逆に国際競争力を長期的に見れば失う状況ができるんですよね。
工場を海外に移転する事も「製造技術等の輸出」という事とイコールなので、
これも、基本的に国際競争力を失う行為なんですよね。
はっきりいって私は相対的な国際競争力がなかなか変化せず、基本的に外貨を
稼いでくれる事が最も期待できる製造業をかなり重視してるので外国人の労働に
依存している今の状況はかなり我慢に耐えない(よって、ここらへんから私の
行うべきと考える政策の一部が生み出される)。

ああ、ここらへんでもう極右呼ばわりされそうだ…。

51 名前:10ウォン 投稿日:2002/06/08(土) 23:11 ID:a3Mb3/sM
41さん、私は同意します。
できたら、私の48のレスに突っ込みや批判をしていただけたら、
うれしいのですが。
ビシバシお願いします。

50さんは、学生さんですか?


52 名前:25 投稿日:2002/06/14(金) 18:24 ID:vsKWNGws
鯖の調子が悪いのか…?
総督府に何が…(2chの鯖も一時落ちたようだが)。

■一覧に戻る■